「ヴェゼル」とソックリ!? ホンダ新型「e:NP1」発表! スポーティな走りが楽しめる電動SUVが中国で登場

広汽ホンダは、中国・広州モーターショーで新型電動SUV「e:NP1」を公開しました。日本で人気を博す新型「ヴェゼル」にも似たこの新型車は、どのようなモデルなのでしょうか。

ホンダが中国市場にEVシリーズ「e:N」投入

 ホンダの中国における合弁会社「広汽ホンダ」は、2021年11月19日に開催された広州モーターショー2021で、中国向けの電動化戦略として導入されるEVシリーズ「e:N(イーエヌ)」となる新型電動SUV「e:NP1」を公開しました。

2022年に中国で発売される電動SUV ホンダ新型「e:NP1」
2022年に中国で発売される電動SUV ホンダ新型「e:NP1」

 e:Nシリーズは、これまでホンダが培った独自技術を次世代のドライビングプレジャーへと昇華させ、新価値を具現化する「動」・「智」・「美」というシリーズコンセプトで開発。

「動」は、e:Nシリーズ専用の「e:N Architecture」(イーエヌ アーキテクチャー)を通じて、ホンダらしい人車一体感や、スポーティで爽快な走りを実現します。

「智」は、「ホンダセンシング」や「ホンダコネクト」、スマートなデジタルコックピットで作り出される総合システム「e:N OS」を通じて、安全、快適でスマートな移動空間を提供。

「美」は、EVならではの美を表現するデザインアイデンティティー「e:N Design」により、見ただけ・触れただけで未来を感じることができる「一触未来」の世界観を提供するといいます。

 SUVタイプのEVとして投入されるe:NP1は、ホンダのスポーティな遺伝子を継承。

 3つの高出力駆動モーターや大容量・高密度バッテリー、高剛性の専用フレーム、シャシプラットフォームを統合した、EV用の「e:Nアーキテクチャー」を採用し、これまでにないダイナミックな走りを実現しました。

 e:NP1には、同アーキテクチャーのなかでも、中小型EV向けに開発されたものを搭載します。

 FF(前輪駆動)をベースにしたe:NP1の走りは、速さとレスポンスの良さを実現しするとともに、さまざまな走行シーンに対応することができるといいます。

 さらに、e:N OSによる先進システムとして、「ホンダセンシング」や「ホンダコネクト3.0(ピュアEVバージョン)」を搭載。

 なかでもホンダコネクト3.0は、AI音声アシスタントやカーホームコネクト、エネルギーマネジメント、OTAオンラインアップグレードなど20以上の機能が含まれており、クラストップレベルの先進性で、より安全に、より積極的に、より快適に未来のモビリティを体験することができます。

 e:NP1のデザインは、ホンダの新たなデザイン言語「e:N Design」を採用しました。「One Touch of the Future」というデザインコンセプトに基づき、ダイナミズム、テクノロジー、インテリジェンスの美しさを表現しています。

 外観では、空力性能に優れた、滑らかでシャープなラインとし、ダイナミックな美しさを表現ました。同時に、e:NP1には新しいe:Nシリーズのロゴが装着されます。

 内装は、クラストップレベルの15.2インチ高精細超薄型ベゼルのセンターコンソールと10.25インチカラーフル液晶のインストルメントクラスターを採用し、近未来的なデジタルキャビンを実現しました。

 e:NP1は長時間・長距離のテストをおこない、安定性能を確保。バッテリーの安全性についても厳しいテストを実施し、外部からの衝撃に対する耐久性を向上させるなど、安全な走行を実現します。

 新型e:NP1は2022年前半に中国で発売される予定です。

※ ※ ※

 広州モーターショー2021で広汽ホンダは、e:Nシリーズのコンセプトカー「e:N SUVコンセプト」も展示。

 市販車では、新型「オデッセイ」や新型「インテグラ」、「ブリーズPHEV」など多彩なモデルが出展されました。

【画像】EVのヴェゼル!? スポーティな走りもイケる! ホンダの新型電動SUV「e:NP1」(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント