カスタムされたフォード新型「ブロンコ」がカッコいい! 11月のSEMAショーで初公開

米国フォードは2021年10月22日、同年11月2日から5日にラスベガスで開催されるSEMAショー2021において、4WDモデル「ブロンコ」および「ブロンコスポーツ」のカスタムモデルを6台展示すると発表しました。

2020年に復活した大人気モデルを大胆にカスタマイズ

 米国フォードは2021年10月22日、同年11月2日から5日にラスベガスで開催されるSEMAショーにおいて、4WDモデル「ブロンコ」および「ブロンコスポーツ」のカスタムモデルを6台展示すると発表しました。

2021 Bronco by Tucci Hot Rods(ブロンコby トゥッチ・ホットロッド)
2021 Bronco by Tucci Hot Rods(ブロンコby トゥッチ・ホットロッド)

 SEMAショー2021のフォードブースに展示されるカスタムブロンコは、オフロード業界の大手カスタムショップが手がけたモデルで、4台のブロンコ、2台のブロンコスポーツが出展されます。

 フォード・パフォーマンスのドライバー兼ビルダー、ヴァーン・ギッティンJr.が制作した「ブロンコRTR ファンランナーby RTRビークル」は、2ドアブロンコをベースにしたモデルで、サウンドバーやオリジナルドアシルプレートを装着。さらにフォード・パフォーマンスパーツのスポーツエキゾーストシステムを装備し、2.3リッターのエコブーストエンジンにパワフルなサウンドを与えるモデルです。

 究極のファンランナーとして機能とパフォーマンスを向上させながら、ブロンコの特徴的なスタイリングをさらに際立たせるために、オフロードロングトラベルサスペンションキットやRTR鍛造ホイール、37インチオフロードタイヤなどが装着されます。

「ブロンコby トゥッチ・ホットロッド」は、4ドアブロンコをベースとしたクワッドトラックのスノーアドベンチャービークルです。オフロードタイヤの代わりにキャタピラを使い、深い雪や氷に対応します。

 その他、レスキューを目的とした消防車両「ブロンコby BDSサスペンションズ」、オフロード・トレイル用の「ブロンコスポーツ バハ フォージドby LGE-CTSモータースポーツ」、冷蔵庫やJBLプレミアムサウンドバーなどが装着された「ブロンコ バハ フォージドby LGE-CTSモータースポーツ」、給排気系をアップデートさせた「ブロンコスポーツby CGSパフォーマンスプロダクト」が展示されます。

 フォードの車両パーソナライズグローバルディレクターのエリック・シン氏は「ブロンコとブロンコスポーツのユーザーは、パフォーマンスとオフロードを重視するパーツとアクセサリーを愛しているため、ブロンコの設計段階からエンジニアリングと緊密に連携して、個々のライフスタイルに合った製品を提供しました」とコメントしています。「2020年の新型ブロンコ発表以来、すでに350を超えるパーツとアクセサリーが登場しています」

※ ※ ※

 SEMAショーとは、毎年ラスベガス・コンベンションセンターで開催される自動車用アフターマーケット向け見本市で、チューニングショップなどのデモカーが数多く出展されます。近年では自動車メーカーの出展も多く、いわば「アメリカ版東京オートサロン」といった様相です。

 ラスベガス・コンベンションセンターの正面玄関近くのフォード・アウトブースでは、参加者とメディアがブロンコのオフロード性能を体験できる「ブロンコマウンテン」コースをはじめて用意するといいます。

【画像】大人気!フォード新型「ブロンコ」のカスタム車両をチェック(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント