ホンダが「EVでもタイプR」を開発中!? 三部社長が語る今後のホンダ車はどうなる?

2021年4月、ホンダの三部敏宏社長は「脱エンジン」と受け止れる発表をおこないました。そうしたなかで、EVでも「タイプR」のようなホンダならではのワクワクするクルマを開発中と明らかにしました。

三部社長が語る今後のホンダとは

 トヨタは、「トヨタイムズ」というオウンドメディアに注力しているのは御存知だと思う。
 
 けっこうな予算を投じており、普通のメディアが取り上げないような情報を発信してます。
 
 トヨタに続け、ということなんだろう。ホンダも「ホンダストーリー」というオウンドメディアを立ち上げている。

ホンダ三部社長が語る「EVでもワクワクするクルマ」とは
ホンダ三部社長が語る「EVでもワクワクするクルマ」とは

 そうしたなかで、2021年10月15日に公開されたのは三部社長のインタビューです。

 最初に内容を読んだ印象を書くと、やはり内部の人が聞く質問とあって、自民党議員の首相に対する筆問と同じ雰囲気。

 突っ込まないし、質問に対する明確な回答も無し。正直なところ、読んでいてすぐ飽きちゃいます。

 ただガマンして読むと、ホンダがどう考えているのか、何となく解ってくる。以下、記事の引用しながら推測してみました。

 まず インタビュアーは、「EVでも『タイプR』のようなホンダならではのワクワクするクルマを期待している。どうか?」と聞いている。

 それに対し三部社長は「もちろんです。次の時代にも“クルマを買う”ではなく“ホンダを買う”と思ってもらえるように着実に研究開発中です」。

 う~ん。大ざっぱすぎて具体的なイメージが沸いてきません。

 続けて、「最近でいうと、『レジェンド』や『オデッセイ』、『NSX』など “やめてしまうこと”が先行してしまった。

 今のラインアップから繋げてお伝えできればよかったのですが、新しいクルマについてはもう少しお待ちいただければと。

 必ずそう遠くないうちにホンダらしいクルマを出します。スポーツカーも手の届きやすい価格帯含めて複数の選択肢を考えている」

 最近のホンダを見ていると英国工場やF1に代表される「撤退」とか、ホンダにとって主力となるモデルの生産中止に代表される後ろ向きのニュースしかない。

 それを三部社長はネガティブなイメージだと認識しており、問題意識を持っているということだと思う。

 ただ残念ながら、具体的な方向性やスケジュール感はまったく出ておらず。残念です。

【画像】これがEVでのタイプRなのか? 超カッコいいモデルを見る!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. S660とNSXが廃止になってしまい
    インテグラがクーペを騙るまがい物の
    ただの5ドアハッチバックに落ちぶれた今

    ホンダにはリアドアのない2,3ドアの
    正真正銘のピュアスポーツカーが必要

  2. 「内燃機関が無くなる」とコロナ並に煽るけど無理なのはギョウカイ人なら誰でも承知のはず。欧州に商用ジムニー投入する訳であの手この手でEVを回避しなけりゃエコペテンと一緒に無理心中。中共ペェーさまの暴走で電池の行方は更に不透明。米国はマスゴミイチオシのバイデンインフレでガソリンも高騰。益々世の中面白いですね。