ホンダ新型SUV「e:NS1」「e:NP1」世界初公開! 新型EV試作車も3車種披露 中国から電動化を加速へ

ホンダの中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は、新型EV「e:NS1」「e:NP1」を2021年10月13日に現地で初公開しました。SUVタイプのEVとなりますが、どんなクルマなのでしょうか。

中国からの輸出も視野にEVシリーズを展開へ

 ホンダは、2021年10月13日に新型SUV2車種「e:NS1」「e:NP1」を中国で世界初公開しました。あわせて、中国初の新たなホンダブランドEVとなる「e:N」(イーエヌ)シリーズの概要や、3車種のコンセプトモデルも発表しています。

 新型「e:NS1」「e:NP1」は中国市場に投入される新たなSUVタイプのEVとなりますが、どんなクルマなのでしょうか。

ホンダ新型「e:NS1」
ホンダ新型「e:NS1」

 ホンダは2021年4月に中国を含む先進国でのEV・FCV販売比率を「2030年に40%、2035年に80%、2040年に100%」とする電動化目標を発表。

 この目標をスピーディーかつ着実に実現することを目的に、中国では2030年以降、新型ガソリンモデルの投入をおこなわず、新たに発売する四輪車をすべてハイブリッドやEVなどの電動車とすることを明らかにしました。

 今回発表された新型「e:NS1」「e:NP1」は、上海モーターショー2021で公開された「Honda SUV e:prototype」の市販版にあたり、「e:N」シリーズの第一弾となります。

 ホンダの中国における合弁会社として「東風ホンダ」と「広汽ホンダ」が存在しますが、「e:NS1」が東風ホンダ版のモデル、「e:NP1」が広汽ホンダ版のモデルです。

 両モデルは、同時に発表された「e:Nアーキテクチャ」を採用し、2022年春に発売されます。

 今後、ホンダは中国で「e:N」シリーズのモデルを5年間で10車種発売する計画で、中国からの輸出も視野に展開するといいます。

 さらにホンダは、今後5年以内に中国での発売を目指すコンセプトモデルとして、「e:N COUPE Concept」「e:N SUV Concept」「e:N GT Concept」を披露したほか、車載システム「e:N OS」も発表。

 また、今後の電動化戦略として、中国にある約1200のホンダ販売店にe:Nシリーズコーナーを設け、さらに主要都市では、e:Nシリーズの販売に特化したe:N専売店の将来的な展開を予定しています。

 加えて、東風ホンダと広汽ホンダのそれぞれで、高効率で環境に優しいEV工場を新たに建設し、2024年の稼働開始を目指すほか、駆動用バッテリーについても戦略パートナーであるCATLとの協業を加速させるということです。

 そして、交通事故死者数ゼロに向けた中国での取り組みとして、全方位安全運転支援システム「Honda SENSING 360」を、2022年に中国から適用を開始し、順次グローバルへ展開。そして2030年までに、中国を含む先進国の四輪車全ラインアップへの適用を目指すと明らかにしました。

 今回の発表にあたり、ホンダは「すべての人に『生活の可能性が拡がる喜び』を提供する2030年ビジョンの実現に向け、各地域での取り組みを加速させ、環境と安全のグローバル目標をスピーディーかつ着実に実現していきます」とコメントしています。

【画像】世界初公開! ホンダ新型「e:NS1」「e:NP1」はどんな電動SUV? 実車を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント