あおり運転を自動記録!ユピテルのドライブレコーダー「マルミエ」シリーズに新型が登場

2021年10月11日、ユピテルはドライブレコーダー「マルミエ」シリーズの新型モデルを発表しました。新機種はどのような特徴があるのでしょうか。

360度カメラモデルではクラス最小サイズとなるmarumie(マルミエ)

 ドライブレコーダーやレーダー探知機などのクルマ・バイク用品をはじめ、ロボットやゴルフ製品など多岐にわたる映像技術・マイクロ波・無線通信技術を活用した製品を展開するユピテルは、2021年10月11日にドライブレコーダー「マルミエ」シリーズの新型2機種を発表しました。

あおり運転を自動記録!ユピテルのドライブレコーダー「マルミエ」シリーズ
あおり運転を自動記録!ユピテルのドライブレコーダー「マルミエ」シリーズ

 今回発表されたドライブレコーダー2機種は、「Q-31R」がカー用品量販店モデルで「ZQ-31R」がカーディーラー専売モデルとなります。

 両機とも、水平360度・垂直240度のフロントカメラと155度のリアカメラを採用し、前方はもちろん、通常のカメラでは死角となる左右や車内まで記録します。

 フロント・リアそれぞれのカメラには高感度センサーSTARVISを搭載。前身モデルに対しさらなるチューニングを行い、より明るい映像記録を実現しています。

 また、あおり被害を自動で記録する機能を搭載しており、後方車の異常接近を自動で検知し、ドライバーにあおり車両の存在を知らせます。

 さらに映像を専用フォルダに自動保存するため、記録ボタンの押し忘れや、常時録画の継続により該当データが上書きされるなどの記録ミスを抑え、確実に状況を保存可能です。

 従来はSDカード上書きの繰り返しにより書き込みエラーが発生してしまうため、定期的なフォーマットが必要でしたが、ユピテル独自のファイルシステムにより、面倒な定期フォーマットが不要となっています。

 外観では、フロントカメラには大型の液晶モニター搭載ながら、360度モデルとしてクラス最小のコンパクトサイズを実現しています。

 今回発表となったモデルの発売は2021年10月13日を予定しているとのことです。

【画像】あおり運転を自動記録可能!新型ドライブレコーダー「マルミエ」もっと見る(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント