ホンダ「ヴェゼル」が独自進化!? 新型SUV「VE-1 TA」発売! 迫力顔の中国EVが性能強化

ホンダの中国の合弁会社「広汽ホンダ」は、「VE-1」シリーズの最新モデルとなる新型「VE-1 TA」を2021年9月27日に発売しました。どんな特徴があるのでしょうか。

一充電航続可能距離が480kmに拡大

 中国におけるホンダの合弁会社「広汽ホンダ」は、2021年9月27日に新型「VE-1 TA」を発売しました。広汽ホンダの電動SUV「VE-1」シリーズの最新モデルとなりますが、どんなクルマなのでしょうか。

広汽ホンダ 新型「VE-1 TA」
広汽ホンダ 新型「VE-1 TA」

 VE-1は、本田技研科技(中国)有限公司と広汽本田汽車有限公司との共同開発によって中国市場で展開されるSUVタイプのEVです。

 外観はホンダの初代「ヴェゼル」のデザインを元に、左右に張り出して迫力を増したデザインのフロントバンパーなど、フロントおよびリアに独自のデザインが盛り込まれたデザインとなっています。

 今回発売された新型VE-1 TAは、一充電での航続可能距離を拡大。従来VE-1シリーズの最新モデルとされた「VE-1+」の470kmから480kmに延長されたほか、走行100kmあたりのエネルギー消費量は14kWh以下を実現したといいます。

 搭載されるモーターのスペックは最高出力120kW(約163馬力)・最大トルク280Nmです。コンフォートモード、スポーツモード、回生強モード+コンフォート、回生強モード+スポーツの4つの走行モードが用意され、走行状況に応じて選択できます。

 内装には12.3インチの液晶ディスプレイを新たに搭載し、ナビゲーションやマルチメディア機能だけでなく、充電状況などを確認することも可能。明るさを9段階で調整できる赤と青のアンビエントライトも用意されています。

 転がり性能と静粛性の高いタイヤの採用により、より静かな車内を実現しました。

 また、スマートフォンとの連携によるオンラインサービス「WOW STATION」にも対応。アプリから車両の状態を確認できるほか、リモートでエアコンの操作も可能ということです。

 なお、設定されるボディカラーや内装色に関して、ホワイトとエメラルドグリーンの新ボディカラーや、内装の差し色となるレザーアクセントにイエローやブルーが追加されました。

 新型VE-1 TAの価格は、17万4800元から18万4800元(日本円換算で約302万円から約319万円)に設定されます。

【画像】独自デザインの迫力顔がイカす!? 新型SUV「VE-1 TA」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント