急激なEVシフトはなぜ? メルセデス・ベンツ「EQシリーズ」続々登場の理由とは

メルセデス・ベンツのEVシフトが止まりません。先日ドイツで開催されたモーターショー、IAAモビリティでは、世界初公開が「EQE」「AMG EQS」「メルセデス・マイバッハEQS」「コンセプトEQG」「コンセプトEQT」、さらに欧州初公開の「EQB」と、まさにフルラインナップでEVを発表しています。その理由とはどういったことでしょうか。

IAAで多くの「EQシリーズ」を世界初公開したメルセデス

 メルセデス・ベンツは2021年9月7日より開催された「IAA MOBILITY」において、「Lead in Electric」をテーマに数多くの電気自動車(EV)を出品しました。

 ずらりと名前を挙げれば、世界初公開で「EQE」「AMG EQS」「メルセデス・マイバッハEQS」「コンセプトEQG」「コンセプトEQT」、さらに欧州初公開の「EQB」と言った具合です。それぞれに、どんなクルマで、メルセデス・ベンツのEQシリーズが目指すものを紹介します。

IAAモビリティ2021で世界初公開されたメルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」
IAAモビリティ2021で世界初公開されたメルセデス・ベンツ「コンセプトEQG」

 EQEは、メルセデス・ベンツの電動アーキテクチャー「EVA2」から生まれた、プレミアムEVセダンです。ちなみにEVA2を用いた最初のモデルは、春にデビューしている、さらに大きなEVセダンのEQSとなります。

 EQEは名前のとおりに、メルセデス・ベンツ「Eクラス」に相当するモデルです。EQSと同様に、つなぎ目のない丸みを帯びたボディに、フロント部の短いキャブフォワード・デザインが特徴となります。90kWhのバッテリーを搭載し、航続距離は660km(WLTPモード)を誇ります。2022年の中頃に世界で発売される予定です。

 AMG EQSは、フラッグシップEVセダンEQSのハイパフォーマンスバージョンです。

 発表されたのは「AMG EQS 53 4MATIC+」。ふたつのモーターで前後輪を駆動する4WDで、最高出力は484kW(658馬力)・最大トルク950Nm。オプションでさらなる高出力化も可能となり、そのときは最高出力560kW(761馬力)・最大トルク1020Nmにも達します。0-100km/hの加速は3.4秒という驚異の性能を有します。

 メルセデス・マイバッハEQSは、メルセデス・ベンツのさらに上をゆく超ラグジュアリー・ブランド「メルセデス・マイバッハ」初のEV版です。

 EQSとありますが、メルセデス・ベンツEQSのセダンではなくSUVです。じつはベースとなるEQSにもSUVバージョンが2022年から量産されるとか。どちらにせよ、マイバッハと銘打たれたモデルですから、豪華絢爛のインテリアが最大の特徴です。また、室内にあるマイバッハ専用の巨大な曲面画面、MBUXハイパースクリーンも見どころです。

ラグジュアリーEV、メルセデス・マイバッハ「EQS」
ラグジュアリーEV、メルセデス・マイバッハ「EQS」

 コンセプトEQGは、人気オフローダーである「Gクラス」をEVとしたもの。Gクラスの特徴的なルックスはそのままに、オール電動化がなされています。

 伝統のラダーフレーム構造は継承されており、その内部にバッテリーを搭載することで重心は非常に低くなっているとか。低速トルクに優れるモーター駆動ということで、優れた登坂能力や牽引能力ができるそうです。

【画像】メルセデス・ベンツ「EQファミリー」をすべて見る(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 排ガス皆無、環境に最高に良い石油に依存した社会から前進だ。