まさに「正統派のカローラですね!」 万人に受けるSUV「カローラクロス」 乗ると納得のワケ

2021年9月14日に発売されたトヨタ新型「カローラクロス」は、良くも悪くも「カローラらしさ満載!?」。セダン、ワゴンとも違うカローラSUVこと「カローラクロス」とはどのような乗り味なのでしょうか。

新型カローラクロスはまさに「正統派のカローラですね!」

 トヨタ新型「カローラクロス」に試乗したら、良い意味でも、そうでもない意味でも「正統派のカローラですね!」。
 
 少しばかり大ゲサに表現するなら”衝撃”を受けた。乗っていてまったくストレス無し。価格だってリーズナブル。
 
 以下、私の基準を当てはめて「良い」とか「悪い」と言う判断はしないので、皆さん自分のスケールで考えて頂ければ、と思う。

乗った印象はまさに「正統派なカローラ!」
乗った印象はまさに「正統派なカローラ!」

 まず乗り込んで1秒で「そうきたか!」と驚いたのが内装材。

 ダッシュパネルを見ると、かつて内装に革を使っていた時代の雰囲気出すため、糸で縫ったようになっている。

 マツダ車などはソフトパッドと呼ばれる柔らかい素材を使い、本物の糸で縫った仕上げになってます。

 お金掛けてます。節約を考えたら、糸も”シボ”と呼ばれる模様になる。

 しかぁし、新型カローラクロスは硬い樹脂素材。そこに糸で縫った感じのシボが入ってる。

 確かに普段触る場所じゃないからソフトパッドなど不要。

 老眼だと近くで見なきゃ糸かどうかも解らない。徹底的なコスト意識です。

 かと思えば、エアコンの吹き出し口の面積は圧倒的に大きい。暑い車内に入ってエアコン入れたときの冷却性能、素晴らしい。

 実用性&コスト削減を基準に考えるなら、新型カローラクロスのアプローチは素晴らしいと思う。

 実用性と関係無いインテリアにお金掛ける一方、エアコンの冷却性能悪いクルマと比べたら、新型カローラクロスの「選択基準」を素晴らしいと考える人は多いに違いない。

 そんなコンセプトが新型カローラクロスを見るとすべての点で貫かれているのだった。

 もうひとつ。機能面での代表例を紹介したいと思う。

 新型カローラクロスのようなモデル、普通なら悪路性能を考え最低地上高を確保する。

 トヨタ「RAV4」だと190mm。スバル「XV」は200mmといった具合です。

 雪道や悪路でSUVらしい操舵性を持たせようとすれば最低で190mm必要だと思う。なのに新型カローラクロスは160mmしかない。

 それでいてSUVの大切なファクターである「乗り降りの容易さ」や「アイポイントの高さ」については、しっかり対応している。

 カローラ(セダン)だとシート高が低いため、乗り降りに「よいしょ」とか「どっこいしょ」みたいな声を出したくなる。

 新型カローラクロスのシート高だったら、本格的なSUVと同じくらい乗り降りしやすいし、地上高160mmは普通の使い方なら十分かもしれません。

 けれどシート高についちゃ乗り降りする度に課題となる。

 カローラのDNAからすると、相応のコストを掛けて最低地上高を確保するのはムダ。

 普段使いに大きく影響するシート高についちゃコスト掛かってもやるべきだ、ということになるんだと思う。いやいや興味深いです。

 ちなみにクルマを文化として考える人なら「SUVなら最低地上高だろう」だし「インテリアに糸の模様を付けるならホンモノの糸を使うべき」になるんだと思う。

 走り出すときだけ、わずか7.2馬力のモーターで後輪を駆動するだけの4WDシステムにも共通する。

 ただ文化を追求していくと、普段使わない性能のため高いクルマになります。

【画像】これはちょうど良い? まさにカローラ!な新型カロクロを見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. カローラワゴン?ゴルフ9?
    なんかすごい適当に記事書いてないか。大丈夫か国沢?

    これ褒めてるように見えるけど、樹脂でステッチ作るなんて他のメーカーだってやってるし、要は安く買える普通の車ってことだよね。まあ、カローラだし80点主義の車なら売れるんだろう。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. 90系と比較してるんだよきっと(適当)

  3. 国沢さんのワクワクに満ちた過去ブログからガッカリ感が伝わってきます。
    どちらかと言えば一回り大きくなったフィールダーですね、そう考えれば見る眼も競合車種も変わってくるかと

  4. まあ、見た目だけのクロスオーバーだからな、
    中身はまんまカローラだから良くも悪くもカローラの派生クロスオーバーだ、
    カローラ品質&価格で満足出来る一般購買層向けに人気のSUV風デザインも出しました。であって、
    SUVにカローラシリーズとしての名を冠した車じゃないので、
    同クラスのSUVモデルとして期待する方にはお勧め出来ないのは明白、
    だけどライズだって同様のカッコだけSUVなんだけどヒットしたし、
    結局そういう似非ものの方が売れるという事はトヨタが一番良く理解してる。
    本格派では無い分作りは安上がりで済み量産性も良い、
    だから安さで勝負出来るというのがまさにトヨタカローラの強みでしょう、
    そういう事で言えば確かに正統にカローラですね。
    ある意味スプリンターカリブの再来とも言えますが…

  5. 国沢の文章は誤字誤記が当たり前に含まれていると分かっているのに、掲載前に校閲ぐらいしておくべきでは?
    チューン店のラーメンは、以前話題になった、鳥取の中古車屋のことを思い出してしまった。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  6. 最低地上高、SUVとセダンの中間で、まさにクロスオーバーと狙いを誉めてましたね、清水さんは。確かににく2駆のSUVもある時代。用途を考えるとカローラクロスくらいがちょうど良いと思う。

  7. 皆さん察してあげてください。
    トヨタからお金貰ってるのに悪く書けないでしょう
    まぁそれぐらいのクルマだって事でしょう