メルセデス・ベンツEクラスのEV版「EQE」世界初公開! どんなクルマ?

2021年9月5日、ドイツ・ミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」でメルセデス・ベンツ「EQE」が世界初公開されました。

世界市場での発売は2022年中ごろを予定

 2021年9月5日、ドイツ・ミュンヘンで開催された「IAAモビリティ2021」でメルセデス・ベンツ「EQE」が世界初公開されました。

メルセデス・ベンツ新型「EQE」の走り
メルセデス・ベンツ新型「EQE」の走り

 EQEはその名のとおり、いわばメルセデスの電気自動車(EV)「EQファミリー」におけるEクラスバージョン、Eセグメントセダン型EVにあたります。

 全長4946mm×全幅1961mm×全高1512mm、ホイールベースは3120mmというボディサイズは、4ドアクーペの現行型「CLS」とほぼ同等です。ただしCLSのようにテールゲートはなく、固定式のリアウインドウとトランクリッドを備えたセダンタイプとなります。

 現行型Eクラス(W213型)と比較すると、フロントのショルダールームはプラス27mm、室内長はプラス80mmと広くなっているのが特徴です。また荷室容量は430リッターを確保しています。

 インテリアデザインは、上級セダン型EV「EQS」をベースにしており、MBUXハイパースクリーンやフロント・オートコンフォートドア、リアアクスルステアリングなどもオプションで用意されます。さらにNVHはクラス最高レベルを誇るといいます。

 発売時に用意されるグレード、「EQE350」に搭載するモーターは最高出力215kW(約292馬力)・最大トルク530Nmを発生。後に500kW(約680馬力)程度のパワーを誇るハイパフォーマンスモデルも計画されているといいます。

 航続可能距離は545kmから600kmになる見込みです。

 EQEは、2021年後半からドイツ・ブレーメン工場で製造が開始され、2022年中ごろに世界で発売される予定です。

 その後、中国市場向けにドイツと中国の合弁会社、北京ベンツ有限公司(BBAC)での生産もスタートする予定です。

【画像】日本でも2022年年末に上陸!? メルセデス・ベンツ「EQE」を画像でチェック(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント