「SUVのカローラ」 トヨタ新型SUV「カローラクロス」超豪華仕様は350万円超えとなるか!? フル装備仕様の全容とは

トヨタが2021年9月14日に発売した新型SUV「カローラクロス」は、価格が199万9000円から319万9000円と幅広い設定となっているのが特徴です。そんな新型カローラクロスで、非常に豪華なフルオプション仕様を製作すると総額はいくらになるのでしょうか。

大きなガラス面のパノラマルーフをオプション設定

 トヨタが2021年9月14日に発売した新型「カローラクロス」は、カローラシリーズ初のSUVとして登場。日本仕様では、タイやアメリカなどに投入される仕様とは異なる独自のフロントフェイスを採用しています。

 また価格設定(消費税込、以下同様)が、エントリーモデルの199万9000円から最上級モデルの319万9000円まで幅広い設定となっているのも特徴ですが、もし新型カローラクロスのフルオプション仕様を製作したら総額はいくらになるのでしょうか。

 最上級グレードに装着可能なメーカーオプションをすべて装着した仕様で見ていきます。

トヨタ新型「カローラクロス」
トヨタ新型「カローラクロス」

 新型カローラクロスのグレード展開は、ガソリン仕様が「G“X”」「G」「S」「Z」の4グレード、ハイブリッド仕様が「HYBRID G」「HYBRID S」「HYBRID Z」の3グレードを設定。

 ガソリン仕様は2WDのみですが、ハイブリッド仕様は2WDのほかに4WD(電気式4WD)を設定します。

 最上級グレードとなる「Z」ならびに「HYBRID Z」では、運転席・助手席のシートヒーターが標準装備となるほか、本革+ファブリックのシート表皮、18インチアルミホイールが標準となるなどの違いがあります。

 今回は、電気式4WDの「HYBRID Z」グレードで、選択可能なメーカーオプションをすべて選択してみました。

 新型カローラクロスに設定されるメーカーオプションのなかで、車内の雰囲気を大きく変えるアイテムとして設定されているのが「パノラマルーフ 電動サンシェード&挟み込み防止機能付」です。

 大きなガラス面を持ち、車内を自然な明るさで満たします。さらに挟み込み防止機能付きで、開閉時の安全性にも配慮されました。価格は11万円です。

 また災害時やレジャーで役立つ装備として、「アクセサリーコンセント 非常時給電システム付き」もハイブリッド車に設定されます。

 デッキサイド左側にコンセントが設置され、AC100Vで消費電力の合計が1500W以下の電化製品を使用することができます。価格は4万4000円です。

※ ※ ※

 今回、新型カローラクロスで選択したメーカーオプションは全部で8つです。そして、ディーラーオプションとして定番となるフロアマットもあわせて選択すると、装着されるすべてのオプションは次のようになります。

●メーカーオプション(総額:34万9800円)
・有償色:スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(3万3000円)
・ブラインドスポットモニター[BSM]+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)+パノラミックビューモニター(7万1500円)
・寒冷地仕様(3万8500円)
・パノラマルーフ 電動サンシェード&挟み込み防止機能付(11万円)
・イルミネーテッドエントリーシステム(フロントカップホルダーランプ・フロントドアトリムショルダーランプ・フロントコンソールトレイランプ)(1万1000円)
・ディスプレイオーディオ(9インチディスプレイ、6スピーカー)(2万8600円)
・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)(4万4000円)
・おくだけ充電(1万3200円)

●ディーラーオプション
・フロアマット(デラックスタイプ)(2万900円)

 以上のオプションを装着した新型カローラクロス「HYBRID Z」グレード(電気式4WD)の価格は、356万9700円となりました。

 他のグレードではオプションとしての装着もできない装備が複数標準装備されている「HYBRID Z」グレードですが、メーカーオプションを選択することで運転時の安心感や利便性がさらに高まっているといえるでしょう。

トヨタ・カローラクロス のカタログ情報を見る

【画像】“SUVカローラ”最上級仕様の姿とは!? トヨタ新型「カローラクロス」最上級グレードの内外装などを画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント