トヨタ新型SUV「カローラクロス」登場! 人気沸騰で「本家超え」の可能性も!?「普通さ」も武器に売れ行き好調となるか?

トヨタは2021年9月14日に新型「カローラクロス」を発売しました。カローラシリーズで初のSUVモデルになるといいますが、どんな特徴があるのでしょうか。

カローラ初のSUVは歴代最大のボディサイズで登場

 1966年に初代モデルが登場以降、途切れることなく進化・熟成がおこなわれてきたトヨタ「カローラ」。
 
 累計販売台数5000万台(2021年7月)は世界トップとなるベストセラーモデルで、現在は世界150か国以上の国と地域で発売、まさに名実ともにトヨタの「顔」といえる存在といえるでしょう。

トヨタ新型「カローラクロス」
トヨタ新型「カローラクロス」

 一般的にはベストセラーは保守的といわれがちですが、カローラに関していうと筆者(山本シンヤ)は「半分正解、半分間違い」だと考えています。

 各世代を振り返ってみると、カローラとしての軸は不変ながらも時代背景やトレンドに柔軟に対応していることが解ります。それが顕著に表れているのが「派生モデル」でしょう。

 2ドア/3ドアクーペの「カローラレビン」、4ドアクーペの「カローラセレス」、ハッチバックの「カローラFX/ランクス」、MPVの「カローラスパシオ/ルミオン」、そして弟分のコンパクト「カローラII」などなど。これらは王道のセダン/ワゴンが存在していたからこそ、さまざまな挑戦や提案ができたはずです。

 12代目となるカローラの現行モデルは次の50年に向けて開発されたモデルです。

 トヨタの豊田章男社長は「ロングセラーだからこそ、変わらなければならない」「次世代に向けて生き残る必要がある」と語っていますが、初代が掲げたコンセプト、「ユーザーの期待値を上回る価値の提供」という原点に立ち返り、TNGAという強力な武器を用いてグローバルワンスペックに刷新されました。

 その実力はコンパクトクラスの巨人といわれるフォルクスワーゲン「ゴルフ」とガチで比べてもそん色ない……と、筆者は評価しています。

 そんななか、カローラに新たな派生モデルが登場しました。それが今回紹介するコンパクトクロスオーバー「カローラクロス」です。

 ちなみにトヨタにはこのカテゴリーに「C-HR」をラインアップしていますが、スペシャリティ要素が強いC-HRに対して、カローラクロスはコンパクトクロスオーバーに求められる要素をすべて盛り込んだ、ある意味“王道”のコンセプトといえるでしょう。

 実はカローラをベースにしたクロスオーバーモデルはこれが初ではありません。1982年から2002年に発売されていた兄弟車「スプリンター」の派生モデル「スプリンターカリブ」はクロスオーバーSUVの源流となるモデルでした。

 つまり、カローラクロスはいわば「現代版カリブ」といってもいいかもしれません。

 カローラクロス、どのようなクルマなのでしょうか。詳細にチェックしていきたいと思います。

 エクステリアは「アーバン・アクティブ」をコンセプトに、兄貴分のRAV4、弟分のヤリスクロスと共通イメージのデザインが採用されています。

 実はフロントマスクはすでに登場済みの海外仕様とは異なります。具体的にはバンパーやヘッドライト、グリル周りなどが、カローラシリーズの一員であることがより解りやすいデザインです。

 この辺りは各仕向地の好みが反映されており、海外仕様はたくましさをアピールするのに対して、日本仕様はたくましさに加えて、洗練/質の良さをアピールしているそうです。

 ちなみにボディサイズは全長4490mm×全幅1815mm×全高1620mmと歴代カローラのなかで最大となりますが、Cセグメントのコンパクトクロスオーバーという意味では平均的……といった感じです。

 なかには「カローラが全幅1800mm越えなどけしからん」という人もいそうですが、「それならコンパクトなヤリスクロスをどうぞ」ということなのでしょう。

 インテリアはカローラシリーズ共通の水平基調のシンプルなインパネが採用されていますが、ボディの厚み(!?)に対応するためにセンターコンソール下部のデザインが専用。

 セダン/ツーリング/スポーツはコクピット感覚が強めなのに対して、カローラクロスはある意味“普通”になりましたが、実用性や広さ感は増しています。

【画像】ついに発売! 日本独自顔で登場したトヨタ新型SUV「カローラクロス」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント