フィアットが過去最高の単月売れ行きをマーク! どうして新型車がないのに販売好調なのでしょうか

2021年8月は、フィアットが過去もっとも売れた月になりました。その数571台。新型車が投入されたわけでもないのに、どうしてフィアットがいま、日本のマーケットで販売台数を伸ばしているのでしょうか? そのキーは、女性が握っているかもしれません。

これまでの最高記録は2012年の488台

 FCAジャパンは2021年9月6日、同社が擁するフィアットブランドの2021年8月の登録台数を571台と発表。これは、前年を32%上回り、今までで過去最高だった2012年の488台も大きく上回る快挙である。

フィアット「Panda Cross 4×4」
フィアット「Panda Cross 4×4」

●フィアット記録更新の理由とは?

 2021年8月のフィアットブランドの好調を支えたのは、「500/500C(チンクエチェント/チンクエチェント・シー)」モデルファミリーである。

 フィアットのコンパクトカー500/500Cは2008年3月に国内に導入されて以来、愛らしいスタイリングと低燃費・低排出の環境性能の高さにより、ユーザーによる高い評価を得ており、年間販売台数は11年連続で4000台を超えている。さらに今年は6月より、新グレード「Cult(カルト)」並びに「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」が設定されたことで注目が集まる結果となった。

 また、新型コロナ感染症の影響で、自家用車という安全安心な個人の交通手段が見直され、既納、新規ともに来店客が好調で、全モデル共に、既存のユーザーからの乗り換えが増えたことが、販売を下支えしているという。

 2020年夏に追加された「Sport(スポーツ)」グレードが好調な「500X(フィアット・チンクエチェント・エックス)」や、コンパクトカー「Panda(パンダ)」に設定された、専用の内外装デザインや高い走破性を誇る限定車「Panda Cross 4×4(パンダ・クロス・フォーバイフォー)」も好調だ。

 ほかにもフィアットでは、「マイ・ファースト・フィアット」や「パケット・フィアット」など、他に例のないマーケティング施策を投入。日本における輸入車オーナーの概念を塗り替えようと努力した結果、フィアットの女性オーナー比率は、2005年の15%から2020年は60%に到達している。

フィアット・500 のカタログ情報を見る

【画像】登録台数過去最高を記録したフィアットの人気モデルを画像で見る(5枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー