爆速トヨタ「アバロン」公開!? 全長5m級&車高ビタビタのカスタマイズイメージがスゴい!

トヨタが北米などで展開する「アバロン」は、「カムリ」の兄貴分としてラインナップされています。そうしたなかで、ド派手なスポーティカスタム仕様がSNSで公開されています。

見るからに速そうな「アバロン」がスゴい!

 トヨタは、北米市場などで「アバロン」というセダンをラインナップしています。
 
 そんなアバロンを過激にカスタマイズした仕様が発見されました。

めちゃ速そうなトヨタ「アバロン」 街中で見たら二度見する?(photo:bradbuilds)
めちゃ速そうなトヨタ「アバロン」 街中で見たら二度見する?(photo:bradbuilds)

 トヨタの北米市場などにおけるフラッグシップセダンという位置づけで1994年にアバロンが登場。日本ではかつて「プロナード」として販売されていたこともあります。

 5代目となる現行モデルは2018年に登場。迫力のあるデザインが特徴的です。

 フロントグリルは大きな口を開けたようなデザインを採用し、横長のLEDヘッドライト組み合わせることで、存在感のあるスタイルを表現。

 なお、フロントグリルはグレードにより異なるデザインが採用されています。

 プラットフォームは、「RAV4」「ハリアー」「カムリ」などと同じGL-Kを採用。ボディサイズは全長4980mm×全幅1850mm×全高1440mm(仕様により異なる)です。

 パワートレインは3.5リッターV型6気筒、2.5リッター直列4気筒+ハイブリッドの2種類が用意されています。

 そうした巨大セダンともいえるアバロンですが、インスタグラムではスポーティでド派手なカスタマイズが施された仕様が「Brad Builds」で公開されています。

 エクステリア全体では、幅広いスタンスで車高を限りなく落とした「ワイド&ロー」を表現。

 フロント部分では、空力を意識したバンパーに加えてエテン型カナードを装着。さらに、フロントヘッドライトはホワイトアウトされています。

 サイド部分では、張り出したタイヤを覆うような大型フロントフェンダーに加えて、サイドスカートから連続したリアフェンダーに幅広なハイグリップタイヤを装着し、スポーティさを醸し出しています。

 リア部分は、大型GTウイングやアクセントが印象的なリアカナードと、リアディフューザーが装着されました。
 
 また、後方から見ると迫り出したタイヤのトレッド面が見え、リアビューの存在感も際立っています。

 このアバロンについて、投稿したBrad Buildsでは「この作品は、私のお気に入りのGT3マシンにインスパイアされたものです。彼らのアグレッシブなボディキットとエアロは、常に異なった印象を与えます」とコメントしています。

【Thanks Photo】
https://www.instagram.com/bradbuilds/

トヨタ・アバロン のカタログ情報を見る

【画像】ド派手「アバロン」&「TRDカムリ」のスゴい仕様を見る!(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 整備不良車