スバル新型「アウトバック」初公開! 7年ぶりの全面刷新で1.8Lターボ搭載「アイサイトX」も装備

スバル「レガシィ アウトバック」がフルモデルチェンジし、新型モデルが登場します。新型アウトバックはどのような進化を遂げたのでしょうか。

アウトバックが6代目へと全面刷新!

 スバルのクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」(以下新型アウトバック)が7年ぶりにフルモデルチェンジし、新型となる6代目モデル(日本仕様)が初公開されました。

 なお、2021年9月2日に予約が開始され、同年10月に発表されます。

7年ぶりに全面刷新したスバル新型「レガシィ アウトバック」
7年ぶりに全面刷新したスバル新型「レガシィ アウトバック」

 アウトバックは1995年に北米市場で誕生、日本では「レガシィ グランドワゴン」の名称でデビューしました。

 登場以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとしてその歴史を積み重ね、歴代モデルを通じてどこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といったクルマとしての本質的価値を磨き続け、唯一無二のキャラクターを確立してきました。

 新型アウトバックは「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」をコンセプトとし、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げています。

 エンジンは、低回転域から力強いトルクを発生する1.8リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン(177馬力)を採用し、リニアトロニックCVTと組み合わせました。

 このエンジンは「レヴォーグ」(2代目)や「フォレスター」(5代目)にも搭載されるターボエンジン(CB18型)で、日常での使いやすさを重視し、低回転域から300Nmの高トルクを発生。最新技術リーン燃焼を採用するなど、優れた環境性能も実現し、WLTCモード燃費は13.0km/Lを達成しました。

 なお、駆動方式はAWDで、悪路走破性を高める「X-MODE」を備えています。

 また、スバルグローバルプラットフォームとフルインナーフレーム構造などによる車体剛性の最適化で、動的質感と衝突安全性能が大幅に向上しました。

 ドライバーの意思に忠実なハンドリングや不快な振動騒音を低減して快適な乗り心地を実現するとともに、総合安全性能のレベルを引き上げています。

 先進安全装備では、リアルワールドにおける実用性を進化させた「新世代アイサイト」や、3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム「アイサイトX」を全車標準装備し、ストレスフリーなセイフティドライビングを実現しました。

【画像】めっちゃタフ! ワイルド&上質に進化したスバル新型「アウトバック」をじっくり見る(46枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 先代アウトバックから好きです。新型はもっとカッコ良くなりましたね。日本車で唯一欲しいと思うクルマ。

  2. 北米仕様の2.4Lターボやウィルダネスは日本じゃ売らないのか?残念。