新型「カウンタック」の兄弟車種ぜんぶ教えます! ランボルギーニが作った「アヴェンタドール」の派生モデルとは

新型「カウンタック」の発表は、クルマ好きにとって今夏のトピックとなったが、カウンタックLPI800-4はあくまでも「アヴェンタドール」をベースとした派生車種に過ぎない。そこで、新型カウンタックの兄弟車といえるスペシャルモデルを紹介しよう。

「アヴェンタドール」発表の翌年にはワンオフモデル誕生

 2011年のジュネーブ・ショーでオフィシャル・デビューを飾った、ランボルギーニ「アヴェンタドール」。それは前身となった「ムルシエラゴ」と比較しても明らかに先進的な設計と、魅力的なスタイルを持つモデルだった。

 そのアヴェンタドールにも、まもなく終焉の時が迫っているが、これまでさまざまな特別仕様車、フューオフ・モデル、そしてワンオフ・モデルが誕生した事実を、我々は忘れてはならない。それはアヴェンタドールに、さらなる進化の余裕があったことを物語る事実にほかならないのだから。

 そこでヴァーグでは、アヴェンタドールをベースとしたフューオフ・モデルとワンオフ・モデルのなかから、その代表的なものを紹介していくことにしよう。

「アヴェンタドールJ」の独自のディテールは、その後のプロダクションモデルのアヴェンタドールにも生かされている
「アヴェンタドールJ」の独自のディテールは、その後のプロダクションモデルのアヴェンタドールにも生かされている

●「アヴェンタドールJ」

 まずは、アヴェンタドールがデビューした翌年、2012年のジュネーブ・ショーで発表された「アヴェンタドールJ」からだ。

「J(イオタ)」がかつてワンオフ・モデルとして作られ、短い生涯の後にクラッシュによって全損、廃車となってしまったことは、ランボルギーニのファンにはお馴染みのストーリーだが、このアヴェンタドールJに添えられるJもまた、この時と同様にワンオフで生産され、車名のJはイオタを意味する。

 プレスカンファレンスの檀上で、ランボルギーニCEO、ステファン・ヴォンケルマン氏は、その価格が210万ユーロであり、すでにそのカスタマーは決定し、このショーに持ち込まれたモデル以外にプロトタイプなどは存在しないことを強調した。

 Jのエクステリアには、独自のディテールが数多くあった。フロントウインドスクリーンすら持たないそのスタイルは、イタリアの伝統的なバルケッタのスタイルにほかならないし、F1マシンのノーズコーンすら想像させる狭いフロントセクションに加え、フロントに20インチ、リアに21インチを組み合わせた専用のセンターロック式ホイールもまた、非常に魅力的なデザインだった。

 ちなみにアヴェンタドールJの基本構造体は、CFRP製のモノコックであるが、そのデザインもJ専用のものだ。一方、搭載エンジンなどメカニズムは、もっとも初期の700ps仕様であるオリジナルのアヴェンタドールと変わらない。

クーペ3台、ロードスター9台が生産された「ヴェネーノ」
クーペ3台、ロードスター9台が生産された「ヴェネーノ」

●「ヴェネーノ」

 翌2013年は、ランボルギーニにとってとても重要な年だった。なぜなら、1963年の創業以来50年という記念すべき節目を迎えた年であったからだ。そして当然世界中のファンの興味は、それを記念するフューオフ、あるいはワンオフ・モデルの登場に集まった。

 5月には創立50周年を記念するオフィシャル・イベントが本社のあるイタリアのサンタアガタ・ボロネーゼでおこなわれることが決定していたが、ランボルギーニがその特別なモデルを発表したのは、同年のジュネーブ・ショーだった。

 その車名は「ヴェネーノ」。生産台数はわずかに3台で、価格は300万ユーロの設定であった。

 ヴェネーノのエクステリア・デザインは、きわめて斬新なラインで構成されたものだった。それはかつてランボルギーニが開発したV型10気筒エンジンを搭載し、軽量化の限界に挑戦した「セストエレメント」からも大きな影響を受けたデザインともいえるが、前後のフェンダーをボディーから独立させたかのように見せるテクニックや、ルーフ後端にあるエアインテークに始まるダイナミックなリアセクションの造形は、理想的なエアロダイナミクスが実現されていることを伺わせるものであった。

 Y字型のデイタイムランプを備えるヘッドランプ、そしてテールランプなどは、現代のランボルギーニのアイコンだ。

 リアミッドに搭載されたエンジンは、アヴェンタドールと共通の6.5リッターV型12気筒自然吸気だ。吸排気システムや高回転化によって最高出力は760psにまで高められ、それに組み合わされる7速セミAT(ISR)や電子制御多板クラッチによる4WDシステム、プッシュロッド方式のサスペンション等々は、すべてヴェネーノのためにセッティングが見直されていた。

 0-100km/h加速2.8秒、最高速度335km/hは、もちろん現代においても魅力的な世界の頂点に君臨する運動性能といえる。

 ヴェネーノの人気は当然のことながら高く、ランボルギーニは3台のクーペを生産した後、9台のロードスターを生産。こちらももちろん一瞬でソールドアウトとなった。

【画像】「カウンタックLPI800-4」と同じベースが「アヴェンタドール」の特別なクルマとは?(35枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー