ピニンファリーナ「バッティスタ」に5台限定の「アニベルサリオ」の存在が判明

ピニンファリーナのBEVハイパーカー「バッティスタ」の市販モデルが、2021年の「モントレー」に登場。5台限定の「バッティスタ・アニバーサリオ」の存在が明らかに。

ピニンファリーナの市販モデルがモントレーに登場

 2019年のジュネーブ・ショーで、そのプロトタイプが発表されてから約2年。2018年に新たに設立されたアウトモビリ・ピニンファリーナ社が2021年のデリバリーを計画していた第1号車、「バッティスタ」のプロダクションモデルが、予定どおり今年のモントレー・カー・ウィークで発表された。

ピニンファリーナ「バッディスタ」のコックピット
ピニンファリーナ「バッディスタ」のコックピット

●バッディスタは150台限定

 過去に数多くの名作を生み出した、ピニンファリーナというネームバリュー。さらに世界で150台という限定車であるということを考えれば、それだけでもこのバッティスタに集まる視線は大きい。

 もちろんピニンファリーナは、それのみをバッティスタの話題、もしくは魅力としているのではない。バッティスタは、これまでイタリアで誕生したスポーツカーのなかで、リマックなどの新興メーカーの作と比較しても、もっとも高性能なスペックを誇るBEVなのだ。

 ピニンファリーナがバッティスタを米国カリフォルニアへと輸送し、まず持ち込んだのは、風光明媚な海岸線に沿ったワインディングロードだった。しかし、1900psのバッティスタを、このロケーションで体験するのは難しく、実際このイベントに招かれたゲストもそれは望まないだろう。

 イタリアのカンビアーノ工場で製作された、ブラック・エクスポーズド・シグネチャー・カーボンのボディワークを採り入れた生産第1号車は、カスタマーにオーダーメイドのパーソナライズプログラムが用意されていることと、その選択肢の多彩さを無言のままに表現していた。

 カーボンの繊維が露出したボディワークと、精密に磨かれた鍛造アルミニウム合金ホイールは、持続可能なブラックレザーで仕上げられたオプションのドライバーズシートとキルティングされた内装、コントラストステッチ、ブラッシュドアルミニウムで仕上げられた、インテリア・ジュエリーパックとも素晴らしいコントラストを見せている。

【画像】北米に上陸したピニンファリーナ「バッディスタ」(8枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー