ランボルギーニ新型「カウンタック」復活! スーパーカーブームで憧れた初代カウンタックとは?

2021年8月13日(現地時間)、米国でおこなわれているモントレーカーウィークで、ランボルギーニ新型「カウンタックLPI800-4」が発表されました。初代の登場50周年を祝う限定112台というスペシャルなモデルですが、初代は日本で「スーパーカーブーム」を巻き起こした立役者ともいうべきクルマでした。どんなモデルだったのでしょうか。

新型のV12エンジンは780馬力を発生 マイルドハイブリッド化された

 アメリカで開催された「The Quail :A Motorsports Gathering」にてランボルギーニ「カウンタック」が復活しました。正確にいえば、初代「カウンタック」の誕生50周年を記念する、限定112台の新型「カウンタックLPI800-4」が発表されたのです。

ランボルギーニ新型「カウンタックLPI800-4」
ランボルギーニ新型「カウンタックLPI800-4」

 このモデルの特徴は、そのルックスにあります。1971年に登場した初代「カウンタック」のデザインを尊重し、まさに「カウンタックLPI800-4」が直系のモデルであることを、見る人すべてに訴えかけます。

 しかし、その中身はランボルギーニ社の最新技術が惜しみなく投じられ、現在のスーパースポーツカーとしてトップクラスの性能を体現します。

 ボディはモノコックシャシだけでなく、すべてのボディパネルにカーボンファイバーを採用。車両重量はわずか1595kg(乾燥重量)となっています。可動式エアベントやボタンひとつで透明になるフォトクロマチックルーフなどが最新モデルであることを感じさせてくれます。

 ミドシップに搭載されたエンジンは6.5リッターV型12気筒。最高出力は780馬力、最大トルク720Nmを発生します。

 これに48Vマイルドハイブリッドシステムが追加されています。このシステムはギヤボックスに直接取り付けられた34馬力の同量のモーターとリチウムイオン電池の3倍の出力を誇るキャパシターからなるもの。瞬間的にパワーを出せるモーターが運動性能向上に貢献しています。

 トランスミッションは7速AMTに、第4世代のハルデックス・デフを使った4WDシステムを採用。

 そのパフォーマンスは0-100km/h加速が2.8秒、0-200km/hが8.6秒、最高速度は355km/h。復活した「カウンタック」に相応しい、素晴らしい性能を誇ります。

復活した新型カウンタックと懐かしの初代カウンタックを見比べる(47枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント