レクサス3列SUV新型「GX460」発表! 黒が際立つ「Black Line」と合わせて米国で発売へ

2021年8月5日に北米レクサスは、3列シートSUV新型「GX460(2022年モデル)」と特別仕様車「Black Line」を発表しました。

日本では販売されていない3列シートSUV「GX460」とは

 レクサスの北米法人は、2021年8月5日に3列シートSUV新型「GX460(2022年モデル)」を発表するとともに、特別仕様車「Black Line」も合わせて設定されました。

レクサス3列SUVの新型「GX460(2022年モデル)」のBlack Line仕様
レクサス3列SUVの新型「GX460(2022年モデル)」のBlack Line仕様

 レクサスはSUVとして、「UX」「NX」「RX」「GX」「LX」をラインナップしていますが、GXは北米を中心に展開するモデルで、日本では販売されていません。

 ボディサイズは、全長4879mm×全幅1884mm×全高1874mm-1884mm、ホイールベース約2788mmとなる3列シートを有する7人乗りモデルです。

 パワートレインは、4.6リッターV型8気筒エンジン(約305馬力)に6速ATを組み合わせています。

 駆動方式は、アクティブトラクションコントロールを備えたフルタイム4WDとなり、センターデフにトルセンLSDを採用することとで、路面状況や走行状態に応じて前後のトルク配分を最適にコントロールし、高い悪路走破性能を発揮します。

 また、オンロードでのスムーズさを追求したGXのもうひとつの強みは、AVS(Adaptive Variable Suspension)の設定です。

 AVSは、電子制御式のダンパーが路面状況に応じて変化するものです。「ノーマル」「スポーツ」「コンフォート」の3つのモードがあり、ドライバーは自分に合った乗り心地を選ぶことができます。

 今回新たに追加された部分では、直感的なパーキングアシストやナビゲーション、電動格納式ヒーテッドミラーを標準装備したうえ、先進安全装備「Lexus Safety System+」を標準装備。

 また、最新の10.3インチマルチメディアタッチスクリーンがApple CarPlay、Android Auto、Amazon Alexaに対応し、よりシームレスな車内空間を実現しています。

 特別仕様車のBlack Lineは、Premiumグレードをベースに前後バンパー下部のデザイン、テールランプ、ブラックルーフレール、ボディ同色のドアハンドルなどを採用しています。

 さらに、細かな部分ではフォグランプガーニッシュやグロッシーブラック仕上げの18インチホイールやブラックアウトクロームグリルなどにより、目を引くデザインとなっています。

【画像】ド派手な スピンドルグリル! プラドの兄弟 レクサス「GX」とは(15枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント