便利な「スマートキー」うっかり紛失したらどうする!? 失くしたときの対処法とは

キーレスエントリーやイモビライザーといった機能を盛り込んだスマートキーが主流になるなど、最近はクルマのキーも進化しています。そこで気になるのはスマートキーの紛失です。失くしてしまったときはどう対処したらいいのでしょうか。

便利だけど紛失すると厄介なスマートキー

 クルマの発展とともに、キーも進化しています。最近は、キーレスエントリー機能だけでなく、イモビライザー機能や持って近づくだけで解錠できる機能を盛り込んだ「スマートキー」が普及したことで、わざわざキーを取り出すことなくカバンやポケットなどにしまったまま利用している人も多いでしょう。

スマートキーを持っていればスタートボタンを押すだけでエンジンが始動する
スマートキーを持っていればスタートボタンを押すだけでエンジンが始動する

 従来のキーレスエントリーは、ワイヤレスリモコン機能を持たせた電子解除キーで、開錠や施錠にはボタン操作が必要でした。

 この機能をさらにバージョンアップさせ、キーを取り出したりボタン操作をする必要なしに、開錠・施錠だけでなくエンジンの始動・停止などもできる「スマートエントリーシステム」を盛り込んだのが現在のスマートキーです。

 スマートエントリーシステムは、クルマとスマートキーが微弱な電波を送受信し合うことで作動するシステムで、クルマ側には「車内LFアンテナ」や「車内RF受信機」といった装置が備わり、異なる周波数を絶えず送受信しています。

 その有効範囲は半径0.5mから1m以内に設定されており、スマートキーを持って近づかないと作動しないようになっています。

 ちなみに、よく聞く「イモビライザー」とは、クルマ本体とスマートキーの両方にICチップによってIDを認証する防犯システムのことで、IDが一致しないとエンジンが始動できないようになるなど、デジタルへと移行して防犯効果もアップしました。

 便利なスマートキーですが、普段使用するメインキーはキチンと保管していても、あまり使うことがないスペアキーをどこに置いていたか忘れてしまったり、紛失してしまうこともあります。

 スマートキーを作り直すときには、どうしたらよいのでしょうか。

 メインキーでもスペアキーでも作り直す場合は、クルマを購入したお店かディーラーに相談するのが一般的です。とくに購入したお店であればそのクルマの情報が残っているため、対処しやすいといわれています。

 欧州系輸入車ディーラーに勤務していた元セールスマンのNさんに話を聞いてみました。

「スマートキーに限らず、キーの紛失は作り直す作業が発生します。クルマのキーには『キーナンバー』と呼ばれる番号が記載されており、同じ車種でもひとつずつ違います。番号の情報などの記録を販売店も残してあるため、クルマを購入したところでは比較的スムーズに作り直しができます」

 問題なのはその費用です。これは国内外メーカーや車種によってさまざまで、2万円から10万円を超えるようなものもあるそうです。

「車種などによって費用はかなり違います。国産メーカーの場合は、3万円前後とされていますが、スズキのようにコンパクトカーが主流の場合はもう少し安価で作り直せるともいわれています。

 一方で輸入車の場合はクルマ自体が高級車の場合が多く、10万円前後もするスマートキーもあります」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

 ちなみにスマートキーの作り直しは、ナンバーが適合する場合は比較的早く出来上がるようですが、ものによっては数週間かかるケースもあるそうです。

「ディーラーで作り直してもらう場合、費用と時間はかかりますが、クルマ本体とスマートキーのIDも再設定されるため、古いスマートキーは使用できないなどセキュリティ的にも安心です」(輸入車販売店の元セールスマンのNさん)

【画像】新型ランクル指紋がカギになる!? かつての挿して回すカギからどう進化した?(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント