ボルボ「XC40」PHEVにエントリーグレード追加! 600万円を切る戦略的な価格を実現

ボルボ・カー・ジャパンは2021年7月21日、プレミアムコンパクトSUV「XC40」の一部仕様と価格を変更して発売します。

ボルボのベストセラーSUV「XC40」のPHEVが599万円から

 ボルボ・カー・ジャパンは2021年7月21日、プレミアムコンパクトSUV「XC40」の一部仕様と価格を変更して発売します。

ボルボ「XC40リチャージ・プラグインハイブリッドT5 インスクリプション」
ボルボ「XC40リチャージ・プラグインハイブリッドT5 インスクリプション」

 XC40はボルボ初のコンパクトSUVとして2018年3月に日本初登場したモデルです。2021年上半期においてはボルボブランドで再量販車種になり、国内Cセグメント・プレミアムSUVのカテゴリーにおいても輸入車ベストセラーモデルとなっています。

 そのXC40に今回、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルのエントリーグレード「XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription Expression(XC40リチャージ・プラグインハイブリッドT5 インスクリプション エクスプレッション)」が導入されました。

 インスクリプション エクスプレッションは、PHEVモデルのエントリーグレードとして設定されるもので、装備レベルを見直すことで600万円を切る戦略的な価格を実現したモデルとなります。

 ボルボは、全モデルにハイブリッドパワートレーンの導入を完了するなど電動化を強く推進しており、今回のPHEVのエントリーグレード追加により、さらなるリチャージモデルの販売像を計画しているといいます。

 その他、カラーバリエーションや一部パワートレーンの変更をはじめとする仕様変更をおこなっています。

ボルボXC40 車両価格(消費税込)

・B4 409万円
・B4 モメンタム 479万円
・B4 AWD モメンタム 499万円
・B4 AWD R−デザイン 539万円
・B4 AWD インスクリプション 539万円
・リチャージ・プラグインハイブリッドT5 インスクリプション エクスプレッション 599万円
・リチャージ・プラグインハイブリッドT5 インスクリプション 649万円

※ ※ ※

 XC40リチャージPHEV T5は、ボルボの小型車向けプラットフォームCMA初のPHEVです。180馬力・265Nmを発生する新開発1.5リッター直列3気筒直噴ガソリンターボエンジンに、60kW・160Nmを発生する電気モーターと、新開発の7速DCTを組み合わせることで、スムーズなドライブフィールと高効率を実現した前輪駆動モデルになります。

 プラグインレンジにより45.6kmまで電気モーターによるゼロエミッション走行が可能で、小排気量エンジンとモーター、7速DCTのコンビネーションによるハイブリッド走行時の燃料消費の最適化を図っています。

ボルボ・XC40 のカタログ情報を見る

【画像】ボルボ「XC40リチャージPHEV T5」をチェック(17枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント