フェラーリを破った「GT40」がEVで現代に蘇る! どうして英国と米国のパートナーシップなのか

フォードがフェラーリにレースで勝利するまでを描いた映画『フォード vs フェラーリ』は、マット・デイモン主演で話題を呼んだが、劇中に登場する「GT40」は、2005年にフォード「GT」としてリメイクされるほどアイコン的な存在だ。そのGT40をEV化するプロジェクトを紹介する。

往年の名車「GT40」をEVで製作するプロジェクト

 英国オックスフォードシャーのアッパーヘイフォードに本拠置く「Everrati(エバーラティ)」は、2019年の創業以来、メルセデス・ベンツ「SL」やポルシェ「911」(964型)などをベースとした電気自動車、EVコンバージョンの製作をおこなってきた。

レースで活躍した往年の名車、フォード「GT40」がEVで蘇る
レースで活躍した往年の名車、フォード「GT40」がEVで蘇る

●以前からあった「GT40」をレストモッドする土壌

 そのエバーラティが2021年7月15日、フォード「GT40」をベースとした電動車のプロトタイプを発表した。GT40は1964年にデビューした、プロトタイプレーシングカー。ル・マン24時間レースやデイトナ24時間レースなどで数多くの勝利を重ねた、1960年代の名車である。

 このGT40はレーシングカーでありながら人気が高く、レギュレーションの変更によってレースには出場できなくなった1970年代から現在に至るまで、さまざまなレプリカモデルが製作されてきた。

 そのなかで、アメリカの「Safir Engineerring」社は、フォードの正式な許可の元にGT40の商標を登録し、1981年から2000年まで、レプリカモデルを製作していた。

 さらに、やはりアメリカにある「Superformance(スーパーフォーマンス)」社が、Safir Engineerringとライセンス契約を結び、オリジナルのV8エンジンだけではなく、さまざまな原動機の搭載が可能なローリングシャシを現在も製作し、販売をしている。

 エバーラティは、このスーパーフォーマンス社と提携をすることで、このエレクトリックGT40と呼ぶべきクルマを製作した。

 開発に当たっては、重量配分を最適化するためのバッテリーの搭載位置や、カスタマイズされた電動パワーユニットなどに細心の注意が払われている。ICEパワー(内燃機関)からエレクトリックパワーへ変更されただけではなく、オリジナルの特長を活かすための開発がおこなわれているのだ。

* * *

 エバーラティの創業者でCEOであるJustin Lunny氏は、次のようにコメントしている。

「1960年代には、アングロアメリカンとのパートナーシップにより、多くの伝説的なクルマが生み出されました。初代のGT40は、英国人エンジニアのロイ・ルンが率いる英国のチームが、フォード・アドバンスドビークルで1960年代初頭に完成させたものです。ボディは英国のコベントリーで製作されました。

 だからこそ、エバーラティがスーパーフォーマンスとのパートナーシップを結ぶことは、自動車のアイコンとしての遺産だけではなく、英国と米国のパートナーシップを深める上でも、ふさわしいことだと思います」

 また、スーパーフォーマンスのCEO、Lance Stander氏も次のようにコメントを寄せている。

「私はV8エンジンを搭載したクルマが好きですが、エバーラティ社の先進的なEVパワートレインの超高性能は疑う余地がありません。私はエバーラティ社が、オリジナルGT40の重量配分や特長を維持するためにおこなっていることに、心から感銘を受けました。

 電動化はさまざまな意味で未来であり、クラシックスポーツカーを愛する人々に新たな選択肢を与えてくれます」

* * *

 このエバーラティのGT40は、アッパーヘイフォードにある旧米空軍基地跡に建設されたエバーラティの開発センターで、現在市販化に向けた作業がおこなわれている。このモデルの詳細については、これから数か月以内に発表される予定だ。

【画像】EVで蘇った「GT40」(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント