真夏到来で車内温度に注意! ドラレコ&ETCの故障続出!? 使用不可になる原因とは

夏は、長期休みもあることから、クルマで遠出することの多い季節です。では、高温となる車内に残される精密機器たちは、高熱によって故障することはないのでしょうか。

動作保証温度は最大85度、しかし中身のカード類は要注意

 全国で梅雨明けを迎える地域が増えており、本格的な夏が始まろうとしています。

 しかし、日差しを浴びるうえに密閉された車内は、非常に高い温度になり、乗員の健康管理だけでなく、車載装備にも異常をきたす可能性があります。

 なかでも近年装備する人の多いドライブレコーダー(ドラレコ)やETC車載器といった精密機器は、高温の車内による影響で故障する可能性があるといいます。

ETC車載器は熱に強いものが出ているが、ETCカード自体はそれほど熱に強くないという。また、ドラレコのSDカードも本体ほど熱に強くないといわれる
ETC車載器は熱に強いものが出ているが、ETCカード自体はそれほど熱に強くないという。また、ドラレコのSDカードも本体ほど熱に強くないといわれる

 まず、夏場の車内は非常に温度が高くなります。

 JAFがおこなったユーザーテストでは、炎天下における車内温度は、3時間ほど経過した時点で50度近くまで上昇することがわかっています。

 ダッシュボードは最大で約80度まで温度が上がることがわかっており、車内の精密機器に大きなダメージを与える可能性があります。

 車内機器の耐熱性能について、大手カー用品店スタッフは次のように話します。

「まず、車内機器の耐熱性能は『ダッシュボードに直付けかどうか』がポイントとなります。

 ひと昔前はカーナビなどをダッシュボードに装着している人も多かったので、トラブルは多く発生していました。

 しかし、最近ではインパネに埋め込まれている場合がほとんどですので、熱によりカーナビやデジタルメーターが故障することはまず考えられないでしょう」

 車内にある精密機器のうち、インパネに装備されているものに関しては、ダッシュボードほど温度が上昇しないうえ、耐熱性能も高いことから、故障の心配は少ないようです。

 では、近年必要性が増しているドラレコやETC車載器はどうでしょうか。後付けで装備することが多いうえ、ダッシュボードへ装着するユーザーも多く見受けられます。

 前出のカー用品店スタッフは次のように話します。

「ドラレコについては、耐熱性能がどんどん上がっているものの、購入時はチェックしたほうが良いでしょう。

 最近では、-10度から60度まで耐えることができるものが多いほか、商品によっては-25度から85度まで耐えられるというものまで出ています。

 ETC車載器については、車載器とカードに分けて考えましょう。

 車載器は、約80度まで動作を保証しているものが増えており、熱で故障することは少ないと思われます。

 しかし、ETCカードは熱に弱いので危険です。

 多くのカードは45度程度までしか動作が保証されていないため、熱でカードが変形したり、磁気に不具合が生じる可能性があります。

 機器そのものではなく、カード類の管理には気をつけるべきといえます」

※ ※ ※

 近年のドラレコの動作保証温度は、最高で60度から85度に設定されているため、基本的に故障の心配はないようです。

 しかし、ETCカードの多くは熱によるトラブルの可能性もあるため、防犯上の意味も込めてクルマから離れる際は、カードを抜いて持ち歩くのが安全策といえます。

 また、機器の故障以外でも前出とは別のカー用品店スタッフは「ダッシュボードに置かれたメガネなどの光が反射して、煙が出たという例があった」と話しているため、車内の温度に注意を払うことに変わりはないでしょう。

【画像】近い将来に使えなくなるETC車載器がある? その確認方法を見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント