「マスタング マッハE GT」は1000万円から! 欧州での受注スタート

フォード「マスタング」がEV化されただけでなく、SUVとして登場したことはセンセーションを巻き起こしたが、モーターの特性を活かした加速力など、走り好きにとっても満足いくスペックとなっているようだ。

EV「マスタング」は英国で1000万円から

 2021年7月9日、英国において、フォードのフル電動車「マスタング マッハE GT」のオンライン受注が開始された。価格は6万7225ポンド(邦貨換算約1030万円)から。初回限定生産となるこのクルマは、2021年内に納車が開始される予定だ。

スーパーカーのような加速性能と、サーキット走行を視野に入れたドライブモードを実装したプレミアム仕様の5人乗りSUVである「マスタング マッハE GT」
スーパーカーのような加速性能と、サーキット走行を視野に入れたドライブモードを実装したプレミアム仕様の5人乗りSUVである「マスタング マッハE GT」

●5名乗車可能、0-100km/h加速タイムは3.7秒

 マスタング・マッハE GTは、ジャンルとしてはSUVとなる大柄なボディとなっている。サイズディメンションは、全長186.7インチ(約4742mm)×全幅74.1インチ(約1882mm)×全高63.5インチ(1613mm)、ホイールベースは117.5インチ(2984mm)になる。乗車定員は5名だ。

 搭載しているバッテリー容量は88kWhで、WLTP4に準拠したフル充電で最大310kmの航続距離を実現している。150kWでの充電をおこなうと、10分間で平均60マイル(約96km)走行でき、45分間充電すると、充電状態10%から80%の容量まで充電できる。

 そんなマッハE GTの最大の魅力は、速さにある。前輪用と後輪用をそれぞれ用意したふたつのACモーターの出力は、487ps(358kW)。最大トルクは860Nmとのこと。

 このトルクは、自然吸気のガソリンエンジンでいえば、9000cc近い排気量のものと同等となる。そのトルクを活かした加速力は爆発的なもので、0-62mph(0-100km/h)加速タイムは3.7秒。5人乗りのクルマとしては、トップクラスといっていいだろう。前後輪のパワーバランスは、レギュラーモデルとなるマッハEと比べて、後輪へのトルク配分が高められている。

 また、その強大なトルクを受け止めるため、ブレーキにはブレンボ製のシステムが採用されている。フロントのブレーキローター径は385mmと大型で、それを収めるホイールのサイズは20×8.0J。ピレリと共同開発したというタイヤのサイズは、245/45R20となっている。

【画像】「マスタング・マッハE GT」は、SUVだけどスポーツカー並のポテンシャル!(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 2ドア車をやめた時点でマスタングを名乗る資格はない