BMW「4シリーズ グランクーペ」日本初登場! Mモデル「M440iグランクーペ」も同時上陸

ビー・エム・ダブリューは2021年7月16日、ミドルクラスの4ドアクーペ、BMW「4シリーズ グランクーペ」を発表しました。また同時に、4シリーズ グランクーペをベースにしたMモデル、BMW「M440i xDrive グランクーペ」も発表しました。納車は同年9月を予定しています。

新型4シリーズクーペ同様 縦型のビッグ・キドニーグリルを採用

 ビー・エム・ダブリューは2021年7月16日、ミドルクラスの4ドアクーペ、BMW「4シリーズ グランクーペ」を発表しました。納車は同年9月を予定しています。

BMW新型「4シリーズ グランクーペ」
BMW新型「4シリーズ グランクーペ」

 新型4シリーズ グランクーペは、スポーティかつエレガントなデザインとダイナミックな運動性能を持つ新型「4シリーズクーペ」をベースに、4ドアの優れた機能性を融合した、プレミアム・ミドルクラスの4ドアクーペです。

 フロントデザインは、ベースの4シリーズクーペ同様、キドニーグリルを1930年代に一斉を風靡したBMW「328」、そして1960年代に登場したBMW「1600」「2002」同様に縦型にデザインすることで、キャラクターを際立たせています。さらにキドニーグリルを大型化することで、存在感を余すことなく表現しています。

 リアデザインは、BMW伝統のL字型リアコンビネーションランプを立体的かつ有機的な曲線で表現、さらにライトまわりをブラック・アウトすることで、BMWのクーペらしい個性的なリアビューを表現しています。

 4シリーズ グランクーペのボディサイズは、全長4785mm×全幅1850mm×全高1450mm、ホイールベースは2855mmです。

 今回登場した「420i グランクーペ」は、最高出力184馬力、最大トルク300Nmを発生する2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載します。トランスミッションには8速ATが組み合わされ、後輪を駆動します。車両価格は「420i グランクーペ」が620万円(消費税込、以下同)、「420i グランクーペ Mスポーツ」が660万円です。右ハンドルのみの設定です。

 また4シリーズ グランクーペには、BMWが国内認可所得モデルとしてはじめて導入した「ハンズ・オフ」機能が搭載されます。これは高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムで、ドライバーが前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を話して走行が可能となるものです。

 さらに高性能3眼カメラ&レーダー、高性能プロセッサによる高い解析能力によって高い精度と正確性が向上した、最新の運転支援システム「ドライビング・アシスト・プロフェッショナル」を標準装備。ストップ&ゴー機能付きアクティブ・クルーズ・コントロール、レーンチェンジウォーニング、およびレーンディパーチャーウォーニング、ステアリング&レーンコントロールアシスト、サイドコリジョンプロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロストラフィックウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能を標準装備としています。

【画像】スタイリッシュ4ドアクーペ BMW「4シリーズグランクーペ」を画像で見る(23枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント