超楽しいFRスポーツ誕生! トヨタ新型「GR86」をサーキットでアクセル全開! 実力はいかに?

2021年にフルモデルチェンジするトヨタ「86」とスバル「BRZ」のプロトタイプにひと足お先に試乗しました。排気量がアップして2.4リッターエンジンを搭載するFRスポーツカーは、どのような走りを見せたのでしょうか。

全面刷新で2.4リッターエンジン搭載! 実力は?

 トヨタとスバルが共同開発したFRスポーツカー「86」と「BRZ」がフルモデルチェンジして間もなく2代目となる新型モデルが登場する。

 正式な発表まで秒読みの段階になった新型86(新型はGR86という車名になる)と新型BRZのプロトタイプ試乗会が、袖ケ浦サーキットでおこなわれた。

 まずは新型GR86に早速乗り込んでみたい。一体どんなクルマになっているんだろうか。

2021年秋に発売予定のトヨタ新型「GR86」(プロトタイプ)
2021年秋に発売予定のトヨタ新型「GR86」(プロトタイプ)

 人気になりそうな6速MTモデルに試乗。クラッチを踏んでプッシュボタンを押すとエンジン始動。先代モデルに比べて静かな始動音になっていると思いきや、そうでもない。

 後で聞いたのだけれど、2022年から厳しい騒音規制が始まるため徹底的な対策をおこなったとのこと。

 ただし、それだと楽しさや個性も薄れてしまうため、ダッシュボードのなかにスピーカーを仕込み、そこから疑似エンジン音を出しているという。このシステム、案外良い仕事をしてます。

 クラッチを踏んでシフトを1速に入れてスタートします。シフトフィールもクラッチミートフィールも良好! このあたり、基本は先代と同じメカニズムを使うため、作り込みが進んでいるんだと思う。

 腕利きのドライバーだけでなく、「初めてのMT」というような人ですら容易に操作できるだろう。

 走り出してすぐ驚くのはパワーフィール。新型GR86・新型BRZは排気量にして20%大きくなっているため予想していたけれど期待値以上に力強い。2000回転くらいからアクセルを踏み込むと、グイグイ加速していく。

 初代86に搭載されていた2リッター水平対向エンジンは、どちらかといえば回転数上げてパワーを稼ぐタイプ。低い回転数から頼もしいトルクが出てくる感じではなかった。

 それが、新たに2.4リッター水平対向エンジンを搭載した新型モデルだと2速でも3速でも2000回転くらいからキッチリ加速していくのだ。

【画像】9年ぶりの全面刷新! よりカッコ良く進化した新型GR86&新型BRZ(49枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント