高値安定はまだまだ続く? 世界で人気のスポーツカー5選

近年、1980年代から1990年代に誕生した、ネオクラシックと呼ばれるクルマが人気です。とくに高性能なスポーツカーは世界的にも人気で、中古車価格の高騰が続いています。そこで、世界でもとくに高値で取引されているスポーツカーを、5車種ピックアップして紹介します。

驚愕の価格で取り引きされるスポーツカーを振り返る

 ここ数年の出来事ですが、1980年代から1990年代に誕生した「ネオクラシック」と呼ばれるクルマの人気が高まっています。

 誰もが欲しがるというほどではありませんが、クルマ好きには大いに魅力的に映るのでしょう。

日本のみならず海外でも人気の絶版スポーツカーたち
日本のみならず海外でも人気の絶版スポーツカーたち

 こうした傾向は日本のみならず世界的に広まっており、とくにアメリカや欧州ではこの年代のスポーツカーが人気で、中古車が高額な価格で取引されている状況です。

 そこで、世界的に人気沸騰中のスポーツカーを、5車種ピックアップして紹介します。

●日産「スカイラインGT-R」

日本を代表する高性能車であり世界でも注目されている「スカイラインGT-R」

 ネオクラシック人気の頂点といってもいいのが、日産「スカイラインGT-R」シリーズです。1969年に誕生した初代から、2002年に生産を終えた5代目の「R34型」まで、すべての世代が高値となっています。

 スカイラインGT-Rの人気が高い理由はさまざまありますが、ひとつは日本専売(一部の国、地域を除く)だったため、海外では貴重な高性能車ということが挙げられます。

 また、現行モデルの「GT-R」の先祖であることや、映画やTVゲームで紹介されたこと。ほかにもレースで勝つために誕生したというストーリーも、カーガイたちを魅了しているようです。

 こうした旧車ブームが始まる前は、3代目の「R32型」なら過走行車が100万円台で入手できましたが、現在は最低でも300万円台。

 最終モデルのR34型は2000万円前後が相場で、2021年7月11月のオークションでは、新車から未登録(走行距離10km!)だった限定モデルの「VスペックII ニュル」が6050万1円という驚愕の価格で落札されたほどです。

 国内でもスカイラインGT-Rの個体数は減少しており、まだまだ価格高騰はしばらく続きそうです。

日産・スカイライン の中古車をさがす

●トヨタ「スープラ」

現行モデルの登場で世界的にも人気が再燃したA80型「スープラ」

 前出のスカイラインGT-Rの最大のライバルといえば、トヨタ「スープラ」です。なかでも1986年に登場した3代目の「A70型」、1993年に登場した4代目「A80型」は、世界的にも人気を博しています。

 とくにA80型は性能やデザインからも生粋のスポーツカーといえ、もともと欧米でもカルト的な人気がありました。

 スープラが人気の理由は映画に登場したこと、そして、2019年に5代目となるスープラが復活したことで、歴代が注目されたのも要因ではないでしょうか。

 A80型のトップグレード「RZ」に搭載されたエンジンは3リッター直列6気筒DOHCツインターボ「2JZ-GTE型」で、国内では自主規制値上限の280馬力ですが、チューニングによる出力向上はめざましく、ブーストアップ程度のライトチューンでも400馬力前後、タービンを含めた吸排気系やカム、ピストンなどの交換にいたるフルチューンでは1000馬力近くまで出すことも可能なところも、アメリカで人気の秘訣といえます。

 現在の国内での相場は500万円ほど、RZのノーマルならば1000万円強もしますが、2021年6月に米ラスベガスのオークションでは日本円にして約6000万円で落札された個体があります。

 このスープラは、2001年に公開された映画「ワイルド・スピード」の劇中車として製作された1台で、実際にハードにチューニングされ、さらにレストア済みという付加価値もありますが、6000万円とは驚かされます。

トヨタ・スープラ の中古車をさがす

●ホンダ「NSX」

今では希少なピュアスポーツカーとして欧米でも人気の初代「NSX」

 1990年に誕生したホンダ初代「NSX」は、量産車世界初のアルミ製モノコックを採用し、超高性能ながらも普段使いもこなせる懐の深さで、スーパーカーの概念を変えたといわれる名車です。

 さらに、開発にはF1パイロットの故アイルトン・セナや、中嶋 悟氏が携わったというヒストリーも、ファンには大いに魅力的といえるでしょう。

 NSXは2005年に生産を終え、2017年に現行モデルの2代目が登場したことも、初代の人気沸騰の理由でもあります。

 2代目では電子制御満載のハイテクスーパーカーとなったため、アナログな初代、とくに「タイプR」とスタンダードモデルのMT車は世界的にも人気が急上昇しました。

 NSXは欧米でも販売されたこともあって、海外でも盛んに取り引きされていますが、国内では後期型の3.2リッターモデルでノーマルのMTならば2000万円前後の相場で、タイプRならば5000万円前後といわれています。

 なお、欧州では比較的相場が安いAT車が注目されており、後からMTにコンバートするケースが多いようです。

ホンダ・NSX の中古車をさがす

【画像】スポーツカーは何度見てもカッコイイ! 世界的に人気の高性能車を見る(40枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント