なぜ若い人に大人気!? 長距離ドライブでわかったボルボ「XC90」の美点とは

ボルボのフラッグシップSUVである「XC90」は、ボルボ・ラインナップのなかで購入するユーザーの年齢層がいちばん若いというデータがあります。その理由はなんなのでしょうか? 新潟市から金沢市までおよそ400kmの長距離ドライブをおこない、あらためてXC90について考えてみました。

3列シートSUVで新潟から金沢まで長距離ドライブ

 ボルボが新しいプラットフォームを開発し、画期的に変わった最初のモデルが、2016年に日本登場した現行型2代目「XC90」です。

 XC90は、高い品質感はエクステリアだけでなく、インテリアもスウェーデン製らしくスカンジナビアンデザインを取り入れ、心が穏やかになる素材や色を使っているのが特徴です。

新潟県・弥彦スカイラインでのボルボ「XC90」。遠く佐渡島も望むことができた
新潟県・弥彦スカイラインでのボルボ「XC90」。遠く佐渡島も望むことができた

 何よりも筆者(こもだきよし)が気にいっているのが、ドライビングポジションを正確に取れることと、身体にフィットしホールド性があり、座り心地の良いシートが用意されていることです。

 ドライビングポジションはシートの可動範囲が広いだけでなく、ハンドルのチルト(上下)、テレスコピック(前後)も大きく動かせるので、大柄な人から小柄な人まで、ほとんどのドライバーがジャストフィットできるでしょう。

 ペダルの位置も、踏み間違いのないようにアクセルペダルは右に寄せてあるし、左足を載せるためのしっかりとした大きなフットレストも用意されています。

 筆者の座高は高いほうですが、ボルボのヘッドレストはわざわざ伸ばさなくても後頭部に合うので高い安全性が確保されています。これは後ろの席でも同様で、2列目、3列目のシートにも大きなヘッドレストが装備されています。

 XC90の特徴は3列シートのSUVだということ。それだけ大きなボディを持っているということですが、意外なことにボルボを購入するユーザーのなかでは、XC90を買う層が一番年齢が若いというデータがあります。高級車なのに意外だなと思いましたが、小さな子どもがいるヤングファミリー層が、家族で使うために購入するのだそうです。

※ ※ ※

 今回は新潟から金沢まで、途中で気ままな寄り道をしながらのロングツーリングを楽しみました。

 新潟のホテルを出発するときはガソリン満タンで、レンジ(航続距離)は700km以上と出ていました。金沢まで寄り道しなければ300kmちょっとというところですから、余裕を持って到着できそうです。

 同行するのは編集とカメラマンで、成人男性3人乗り+荷物での移動です。編集N氏も筆者も神社好きなので、せっかくの機会だから神社に寄ろうということになり、まずは越後一宮彌彦神社(やひこじんじゃ)に向かいました。

 平日の朝なので空いた駐車場にXC90を置いて、まずは参拝です。大きな赤い鳥居が目立っていましたが、なかに入ると清楚な感じで、お掃除も行き届いていて気持ちの良い空間が待っていました。

 拝殿の前に茅の輪くぐりがあり、藁で編んだ円を3回潜ってから拝殿に進みます。入口にトリセツがあったのでわかりましたが、初めての経験でした。

【画像】ボルボ「XC90」で寺社巡り! 画像で見る(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント