【フェラーリ戦線異状あり】バリモノ「テスタロッサ」が不人気なのは北米仕様のせい?

1980年代ポップカルチャーのシンボルであるフェラーリ「テスタロッサ」のアメリカ仕様の評価を、最新オークション結果から読み解いてみる。

80sポップカルチャーを象徴する歴史的名作とは

 英国シルバーストーン・オークション社は、英国フェラーリ・オーナーズ・クラブとのコラボレーションのもと、2021年6月上旬にフェラーリだけを対象としたワンメイクオークション「The Sale of Ferraris in Association with Ferrari Owners’ Club of Great Britain」を対面型で開催。

 クラシック世代から現代のモデルに至る車両、フェラーリにまつわるオードモビリアなど136アイテムが出品された。

 今回は、そのオークションに出品された1台、世界的コレクターが長らく所有していたという1987年型フェラーリ「テスタロッサ」を俎上に載せ、オークション「レビュー」しよう。

●1987 フェラーリ「テスタロッサ」

著名なコレクターによって大切にされてきた「テスタロッサ」下された評価とは
著名なコレクターによって大切にされてきた「テスタロッサ」下された評価とは

 フェラーリ・テスタロッサは「512BBi」の後継モデルとして1984年パリ・サロンに登場した伝説の12気筒ベルリネッタだ。そのネーミングは、1950年代終盤から1960年代初頭にかけて、FIA世界スポーツカー選手権の絶対王者として君臨したレーシングスポーツ、「250テスタロッサ」に由来する。

 1973年のデビューから連綿と進化を図ってきたBB系ユニットを4バルブ化し、390psまでスープアップしたボクサー(180度V型)12気筒5リッターのエンジンを、同じくBB系からホイールベースを50mm延長した鋼管スペースフレームに搭載。290km/hの最高速度を標榜した。

 一方、新時代のフェラーリを宣言するごとき意欲的かつアグレッシブなボディは、量産ベルリネッタとしては初めてスカリエッティではなく、ピニンファリーナが架装。デザインワークは同社に所属していたスタイリスト、故エマヌエーレ・ニコジアが中心になって手掛けたとされている。

 そして、今や伝説として語られる北米のTVドラマ『マイアミバイス』でも、主人公ソニー・クロケット刑事の愛車として大活躍するなど、1980年代カルチャーを象徴するスーパーカーとして世界中のファンを魅了することになったのだ。

●現代における「テスタロッサ」の評価は

 テスタロッサは、フェラーリ栄光の歴史の中でも特筆されるべき名車の1台だ。商業的にも成功をおさめ、生産台数は7177台にのぼった。ただこの生産台数の多さゆえに、クラシックカー・マーケットにおいてこの種のクルマに求められる「希少価値」という点では、いささか分が悪くなってしまっていることも否めない事実のようだ。

 それでも数年前のフェラーリ暴騰の際には、カリスマゆえに2000万円越えの取引が頻発していたものの、ここ1、2年で明らかに沈静化してしまった感がある。

 たとえば、昨2020年11月にRMサザビーズ北米本社が開催した「OPEN ROADS, FALL」では、極上のコンディションを誇るテスタロッサが17万500ドル、日本円にして1760万円で落札されたことは記憶に新しい。

 そんな現況のもと、英国フェラーリ・クラブとのコラボ開催でおこなわれたオークションに出品される漆黒のテスタロッサに、われわれは大いに注目したのである。

【画像】バブル時代に憧れの的だった「テスタロッサ」のディテールチェック!(24枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント