公道最速トヨタ「ハイエース」が林道全開! ポルシェより速い? 本気仕様の最強バンとは

群馬県高崎市・藤岡市・神流町・上野村・南牧村で開催された全日本ラリー「モントレー2021」。最速の配達バンを目指してトヨタ「ハイエース」で挑む自動車ジャーナリストの国沢光宏氏ですが、ハイエース2戦目となった今回はどのような戦いだったのでしょうか。

激狭い峠をハイエースで激走!? 公道最速の配達バン

 2021年6月11日から13日にかけて群馬県高崎市・藤岡市・神流町・上野村・南牧村で開催された全日本ラリー「モントレー2021」。
 
 最速の配達バンを目指してトヨタ「ハイエース」で挑む自動車ジャーナリストの国沢光宏氏ですが、ハイエース2戦目となった今回はどのような戦いだったのでしょうか。

これはスゴい!? モントレー2021の林道を全開走行するラリー仕様のトヨタ「ハイエース」
これはスゴい!? モントレー2021の林道を全開走行するラリー仕様のトヨタ「ハイエース」

※ ※ ※

 古今東西、アニメの面白さは「戦い」にあると思う。厳しい勝負になったら次なる新兵器を用意し、そいつを投入して頑張る。戦力不足ならさらにバージョンアップして戦う。
 
 モータースポーツもまったく同じ。アニメと違うのは、実世界のガチバトルだという点です。トヨタ「ハイエース」のラリー車、初陣はたくさん「う~ん!」を感じることに。

 ただ意外性もあったのだろう。「シャア専用ザクに普通のザクが戦いを挑んでるみたいですね!」とか「鬼殺隊員が上弦に戦いを挑むようなもの」と、私からすれば理解に苦しむようなことをいわれる。

 働くクルマがスポーツモデルに戦いを挑んでいる、ということでしょう。実際、初陣で瞬殺されるかと思いきや、シャア専用ザクや下弦の背中は見えた。

 ハイエースラリーチャレンジ2戦目となる「モントレー2021」(群馬県)は、パワー不足を少しでもカバーすべくクロスレシオのミッションと、コーナリング性能を高めるべく一段とレベルの高いサスペンションを投入したのだった。

 クロスレシオ、自転車でいえば3段変速が6段変速になったようなもので、登り坂に見合ったギアを選べる。

 サスペンションも曲がりくねった狭い峠道から、高速ターマックまでカバー出来るように開発した。

 今回のSS(スペシャルステージ)は20km×3本。1本目のSSが比較的クルマのハンデ出にくい高速ターマック。

 2本目と3本目はハイエースにとってキツい登り坂や、急カーブ、キツい下り坂が連続するコース。よって1本目に勝負を賭ける。

 やる気満々でスタート地点に行くと「コースの途中で1台コースアウトして通行出来なくなりました。ラリーは赤旗中止です」。

 なんと、ラリーあるあるなのだけれど、今回SSが3本しかない。超残念です。

 土曜日はこの1本のため、サービスパークに戻って終了。幸い新型コロナ禍のため無観客。お客さんに迷惑掛けずに済みました。

 雨の予報もあったけれど幸い日曜日はドライ。昨日にまして気合い十分で全開スタートを決める。するとどうよ、登り坂でパワー不足。

新投入のミッションは素晴らしい仕事をしているし、サスペンションもバッチリ決まってる。でも1620kgの車体に136馬力だから当然ながら厳しい。トヨタ「ヤリス(1.5リッター車)」だと990kgで120馬力ですから。

 ハイエース、そういった意味だとザクだし普通の鬼殺隊レベルです。けれどコーナーが案外速い。

【画像】林道全開のトヨタ「ハイエース」 激走する様子などを画像で見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. うるせえDQNが。