415馬力のV6搭載! トヨタ新型「ランドクルーザー」は14年ぶり刷新でどう進化? 搭載する新技術とは

誕生から70年の歴史を持つトヨタ「ランドクルーザー」の最新モデル(300系)が公開されました。どんな特徴があるのでしょうか。

TNGAに基づく新プラットフォーム・GA-Fを採用

 トヨタは2021年6月10日に新型「ランドクルーザー」を世界初公開しました。今回公開された新型ランドクルーザーは300系(300シリーズ)と呼ばれるモデルになりますが、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

トヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」(海外仕様)
トヨタ新型「ランドクルーザー(300系)」(海外仕様)

 新型ランドクルーザーは、先代から14年ぶりのフルモデルチェンジで登場するモデルで、ランドクルーザーシリーズのフラッグシップという位置づけにふさわしい最新技術を数多く投入しています。

 プラットフォームには、伝統のフレーム構造を踏襲しつつもTNGAに基づく新プラットフォーム(GA-F)を採用。

 車両全体で200kgの軽量化を実現したほか、トヨタ社内の熟練テストドライバーやダカールラリー出場ドライバーをはじめとする評価メンバーが実路走行での作りこみを実施。オンロードおよびオフロードの双方で運転しやすく、疲れにくいクルマを目指しました。

 また、悪路走破性のさらなる向上のために、世界初となるE-KDSS(エレクトロニック・キネティック・ダイナミック・サスペンション・システム)の採用などが取り組まれています。

 なお、全長や全幅、ホイールベースなどの車両サイズと、ディパーチャーアングルやアプローチアングルは従来型が踏襲されました。

 搭載されるエンジンは新開発のV型6気筒ツインターボで、3.5リッターガソリンと3.3リッターディーゼルが設定されます。ガソリン仕様は最高出力415馬力・最大トルク650Nm、ディーゼル仕様は最高出力309馬力・最大トルク700Nmです。

 トランスミッションは新開発されたDirect Shift-10AT(10速AT)が組み合わされます。

 歩行者(昼夜)や自転車運転者(昼)を検知し衝突回避または被害軽減に寄与するプリクラッシュセーフティも盛り込まれた予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」が採用されるなど、先進安全機能も多数盛り込まれるということです。

 トヨタは新型ランドクルーザーを2021年夏以降に世界各地で発売する予定としています。

 それではここでクイズです。

 1951年の誕生以来、70年にわたる長い歴史を持つランドクルーザーですが、トヨタが新型ランドクルーザー(300系)の祖先に位置づけているモデルは、次のうちどれしょうか。

【1】50系

【2】90系

【3】120系

【4】150系

※ ※ ※

 正解は【1】の50系です。

 トヨタはランドクルーザーを「ステーションワゴン型」「ライトデューティ型」「ヘビーデューティ型」の3種に分類しており、300系はステーションワゴン型の最新モデルとなります。

 50系はこのステーションワゴン型の最初にあたるモデルで、1967年に登場。以来、60系、80系、100系、200系と進化を続けてきました。

 90系、120系、150系はいずれもライトデューティ型にあたるモデル(ランドクルーザープラド)です。

 ちなみに、ヘビーデューティ型に分類されるモデルとして、海外で現役で販売されるモデルに70型があります(過去に、派生車種として70系のライトデューティ型「ランドクルーザーワゴン/ランドクルーザープラド」も存在)。

 オーストラリアや南アフリカなどで販売されるほか、2014年には日本でも期間限定で再販されました。

トヨタ・ランドクルーザー の中古車をさがす

【画像】新ギラ顔採用で迫力アップ! トヨタ新型「ランドクルーザー」の外観を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント