9割以上が大間違い 浸透しない電気自動車への正しい認識

パーク24が「電気自動車」についての意識調査を行ったところ、9割以上の人が航続距離が50km以下だと思っていることが判明。正しい認識が浸透していないことが分かりました。そうした誤った認識は、電気自動車の普及が進まないひとつの理由にもなっていそうです。

実用的だと思われていない電気自動車

 コインパーキング「タイムズ」などを展開するパーク24は、「電気自動車」についての意識調査をドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」会員を対象に実施。2015年3月9日にその結果を発表しましたが、電気自動車について正しい理解、認識が広がっているとは言いがたい内容がそこに現れていました。

 パーク24の資料によると電気自動車の航続距離について、現在販売されているものは1充電あたり180~220km程度、走行することが可能です(JC08モード)。しかしこの意識調査で、電気自動車の航続距離をその範囲だと正しく回答した人はわずか0.7%。「電気自動車は1回の充電で50km以下しか走れない」という答えが圧倒的で、実に94%を占めていました。

 航続距離が200km程度という電気自動車の現状は正しく認識されておらず、50km以下しか走れない――すなわち「電気自動車は実用的ではない」と思っている人が多いと、この結果から考えることができそうです。

 この意識調査は2014年12月22日から28日まで非公開形インターネットアンケートで行われ、6906人の有効回答者数がありました。

1 2

この記事の写真一覧

最新記事