販売累計150万台超! 日産&三菱の合弁会社NMKVが創立10周年 人気の「軽」多く開発

日産と三菱の合弁会社NMKVが、2021年6月1日に創立10周年を迎えました。この10年でどのようなクルマが同社から生まれたのでしょうか。

6月1日で創立10周年

 2021年6月1日、日産と三菱による合弁会社NMKVが創立10周年を迎えました。これまでの間では、どのようなクルマが同社から生まれたのでしょうか。

日産「ルークス」と三菱「eKスペース」。
日産「ルークス」と三菱「eKスペース」。

 NMKVの社名は「Nissan Mitsubishi Kei Vehicle」から取られたもので、2011年6月1日、日産50%、三菱50%の出資で設立。以降、日本向けの軽自動車の商品企画やプロジェクトマネジメントなどを担ってきました。

 NMKVによるモデルは、2013年6月発売の日産「デイズ」や三菱「eKワゴン」「eKカスタム」を皮切りに、日産「デイズルークス」「ルークス」、三菱「eKスペース」「eKスペースカスタム」「eKクロス」「eKクロススペース」が挙げられます。

 両社の技術やノウハウを融合させた商品は高い評価を得ており、最新のルークス、eKスペース、eKクロススペースも、2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーで「K CAR オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。

 両ブランドによる販売台数は、10年間で累計152万台(2021年5月時点)です。

 今後、三菱の水島製作所(岡山県倉敷市)では、日産・三菱の協業としては初となる新型軽EVの生産に向けて80億円規模の投資を実施し、プロジェクトが進められます。

 創立10周年について、NMKV社長の遠藤淳一氏は次のように述べています。

「NMKVは日産と三菱自動車の『良いとこ取り』によって、日本の国民車である軽自動車の魅力を向上し続けています。

 今後も三社の強みの源泉である、『日本のモノづくり力』を強化して、クロスカンパニー・クロスファンクショナルに擦り合わせをおこない、アライアンスのチームワークによってさらに良いクルマづくりを推進してまいります」

日産・ルークス のカタログ情報を見る

三菱・eKスペース のカタログ情報を見る

【画像】日産「ルークス」と三菱「eKスペース」をもっと見る(22枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント