まさにスポーツカーも顔負け? 大排気量・高出力エンジン搭載のスーパーセダン3選

近年、日本の自動車市場ではセダンの需要が低下し、ラインナップは減少傾向にあります。しかし、かつては優れた走行性能を有するセダンが多数存在。そこで、少し前にデビューした大排気量、大出力のエンジンを搭載したスポーツセダンを3車種ピックアップして紹介します。

大排気量で高出力のエンジンを搭載したスーパーセダンを振り返る

 かつて日本の自動車市場では、セダンはパーソナルカーやファミリーカーとして高い人気を誇り、各メーカーとも数多くラインナップしていました。

 しかし、1990年代に普及が加速したミニバンや、近年はSUVや軽ハイトワゴン人気の高まりからセダンの需要が低下。そのため、ラインナップはかなり減少している状況です。

超ド級のエンジンを搭載したスーパーセダンたち
超ド級のエンジンを搭載したスーパーセダンたち

 一方、セダンには優れた性能のモデルも多く、走りの面ではスポーツカーと呼べるようなモデルも存在。

 そこで、少し前に登場した高性能なプレミアムセダンを、3車種ピックアップして紹介します。

●レクサス「IS F」

サーキット走行も視野に入れて開発されたスーパーセダンの「IS F」(画像は欧州仕様)
サーキット走行も視野に入れて開発されたスーパーセダンの「IS F」(画像は欧州仕様)

 日本がバブル景気にわいていた1989年に、トヨタはアメリカで高級車ブランドのレクサスを設立。同年にレクサス「LS(日本名:セルシオ)」を発売して成功を収め、その後はラインナップの拡充を図り現在に至ります。

 2005年から日本でもレクサスブランドの展開を開始し、ラインナップのなかでエントリーモデルだったのがコンパクトな4ドアセダンの「IS」です。

 初代ISはトヨタ「アルテッツァ」と同一のモデルでしたが、2代目からはレクサス専用車として開発されました。

 そして2007年に、このISをベースとした特別な高性能モデル「IS F」が登場。

 搭載されたエンジンはフラッグシップの「LS600h」用をベースに、専用チューニングを実施した5リッターV型8気筒自然吸気で、最高出力423馬力を誇りました。

 トランスミッションは「LS460」用の8速ATをベースに改良。1速以外のギアをほぼ全域でロックアップするシフトプログラムによって、DCTにせまるダイレクト感と変速速度を実現しつつ、スムーズな発進加速を可能とするなど、高性能なプレミアムセダンにふさわしいフィーリングとしています。

 外観はベースのISと大きく異なり空力的なチューニングを施しているほか、巨大なV型8気筒エンジンを搭載するためフロントオーバーハングの延長に加え、ボンネットを大きく盛り上げてスペースを拡大。

 また冷却性能を向上させるため、フロントフェンダーにエアアウトレット用のスリットを設定したワイドフェンダーとするなど、迫力あるフォルムとなっています。

 足まわりはサーキット走行も可能なように大幅に強化され、ブレンボと共同開発されたブレーキや、19インチタイヤが奢られています。

 その後、2013年に現行モデルの3代目が登場してIS Fは生産を終えました。

 これまで3代目では高性能モデルはラインナップされていませんでしたが、2021年2月にアメリカで「IS 500 Fスポーツ」を発表。

 IS Fと同じく5リッターV型8気筒自然吸気エンジンを搭載して472hpを発揮するなど、まさにIS Fの再来といえるモデルです。

レクサス・IS F の中古車をさがす

●メルセデス・ベンツ「C63 AMG」

危険なほどのパワー特性も魅力のひとつだった「C63 AMG」
危険なほどのパワー特性も魅力のひとつだった「C63 AMG」

 現在、メルセデス・ベンツのエントリーモデルといえば「Aクラス」ですが、以前にさかのぼると1985年に日本で発売された「190クラス」が、当時、同社でもっともコンパクトで安価なモデルでした。

 190クラスは、日本の5ナンバー枠に収まるサイズのプレミアムセダンとして大ヒットを記録。この190クラスの系譜を受け継いだのが「Cクラス」です。

 初代Cクラスは1993年に発売。ボディサイズは190クラスよりも大型化しましたが、十分にコンパクトで使い勝手も良く、日本でも人気となります。

 その後も、ベーシックグレードからAMGモデル、ステーションワゴンやクーペなど多彩なラインナップを展開。そして、2007年に発売された3代目ではシリーズ最強となる「C63 AMG」が加わりました。

 C63 AMGはセダンだけでなくステーションワゴンとクーペにも設定され、搭載されたエンジンは6.2リッターV型8気筒自然吸気で、最高出力は457馬力を発揮。

 外観は専用デザインの前後バンパーに小ぶりなリアスポイラーと主張は控えめですが、4本出しのマフラーなど高性能さをアピール。

 足まわりやブレーキも強化されており優れた旋回性能を有していますが、スタビリティコントロールをOFFにすると危険なほどのパワー特性と評されました。

メルセデスAMG・Cクラス の中古車をさがす

【画像】高性能セダンってやっぱりカッコイイ! 大排気量のスーパーセダンを見る(27枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. キャデラックCTS-Vの実質的後継はCT5-V BLACKWINGです!
    排気量は同じでダウンサイジングされてはいませんよ。
    CT4-V BLACKWINGはATS-Vの後継モデルです。
    ちゃんと調べてから書いて下さい。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. 昔から外観は穏やか大衆車で中は別物
    が好みでいろいろ乗りました。
    いまは初代のCTS-V並行に乗ります。
    これは今までのアメ車の印象をがらりと変えてくれました。
    曲がる走る止まるが高次元でバランスしてます。
    ハイパフォーマンスと言えばM、AMG、AUDIと短絡志向の方は一度乗られるといいと思います。
    問題は独車ほど燃費は考えて無いこととディーラー網ですが。それが許せばコスパは悪くないと思えてきます。

    メジャーが余儀でこういうおふざけをした玉が好きです。だんだん端に追いやられますが、是非続けて欲しいものです。