黒すぎるトヨタ新型「プリウス」爆誕! 巨大SUVやミニバンもブラック仕様で迫力満点!

トヨタの北米法人は、「プリウス 2022年モデル」に「ナイトシェードエディション」を設定しました。特別仕様車であるナイトシェードエディションには、どんなモデルがあるのでしょうか。

ブラックパーツで精悍さを増した北米トヨタのクルマたち

 トヨタの北米部門は、「プリウス 2022年モデル」の特別仕様車として「ナイトシェードエディション」を2021年5月27日に設定しました。

 プリウス ナイトシェードエディションは、専用のブラックのアイテムの数々を装備。

 ヘッドライトアクセントやドアミラーキャップ、ドアハンドル、リアデッキスポイラー、シャークフィンアンテナ、エンブレムなどをブラックで統一。個性的なエクステリアを実現しました。

黒すぎるトヨタ「プリウス ナイトシェードエディション」
黒すぎるトヨタ「プリウス ナイトシェードエディション」

 さらに、5本スポークの17インチアルミホイール(4WD仕様では15インチ)ブラックとなり、足元の印象を引き締めています。

 ボディカラーは、「ミッドナイトブラックメタリック」「スーパーホワイト」「シルバーメタリック」の3色が用意されました。

 ナイトシェードエディションは北米トヨタの特別仕様車で、さまざまなモデルに設定されています。プリウス以外にはどのようなモデルがあるのでしょうか。

●「セコイア」

 フルサイズSUV「セコイア」の2021年モデルのオフロード仕様「TRDプロ」グレードをベースにしたナイトシェードエディションが設定されています。

 外観にはダークメッキの「Sequoia」バッジ、ボディモールディング、ロアグリルとフォグランプベゼルを装着し、内装にはブラックレザートリムのシートを採用しました。

●「タンドラ」

 大型ピックアップトラック「タンドラ」2021年モデルのナイトシェードエディションは、豪華な「リミテッド」グレードをベースに、ブラックレザートリムのシートと少し“邪悪な”ブラックエクステリアトリムに加え、ブラックのクロームグリルやブラックミラーキャップ、ブラックドアハンドルが採用されました。

 また、大胆なスタイリングパッケージを完成させるために、ブラックホイールとエキゾーストチップを装備しています。

●「タコマ」

 さらに、中型ピックアップトラックの「タコマ」2021年モデルのナイトシェードエディションは「リミテッド」グレードをベースとし、ダークスモーク18インチアルミホイールや、ブラックの排気チップとフォグライトベゼル、さらには新しくなったダーククロームグリルのインサートデザインも特徴となっています。

●「シエナ」

 そして、全長5m級ミニバンの「シエナ 2020年モデル」のナイトシェードエディションは、黒を基調としたスポーツメッシュフロントグリルやドアハンドル、19インチホイール(4WD仕様は18インチ)、スポイラー、ドアミラー、トヨタバッジを装備。

 内装もブラックとなり、スポーティなスタイルを実現します。

【画像】プリウスが黒すぎる… 北米トヨタの「ナイトシェードエディション」がイケてる!(42枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

あなたの愛車を最高値で売却しませんか?

最新記事

コメント