トヨタ新型「ライズ」MT仕様を発表! GRエアロ仕様もインドネシアで同時投入へ

トヨタのインドネシア法人が2021年4月30日に現地仕様の「ライズ」を発表しました。日本仕様のライズにはない独自仕様もあるというのですが、いったいどんなコンパクトSUVとして登場したのでしょうか。

専用エアロ装着でスポーティな“ライズGRスポーツ”とは?

 トヨタのインドネシア法人は2021年4月30日に現地仕様の「ライズ」を発表しました。日本でも人気の高いライズですが、インドネシア仕様には日本仕様とは異なる特徴があるといいます。

 いったいどんなコンパクトSUVとしてインドネシアで登場したのでしょうか。

インドネシア仕様のトヨタ「ライズ」(1.0T GRスポーツタイプ)
インドネシア仕様のトヨタ「ライズ」(1.0T GRスポーツタイプ)

 ライズはダイハツ「ロッキー」のOEM車として2019年11月5日に日本で発売されました。

 日本での販売は好調で、日本自動車販売協会連合会が発表する2020年4月から2021年3月までの販売台数は12万988台を記録し、登録車2位を獲得しました。

 そんななか、OEM元のロッキーとともにインドネシアでの販売が開始された現地仕様のライズは、インドネシア国内のダイハツの工場で生産されるモデルです。

 ボディサイズは全長4030mm×全幅1710mm×全高1635mmで、日本仕様のライズ(全長3995mm×全幅1695mm×全高1620mm)より少し大きく、日本では3ナンバー枠に相当する全幅となります。

 グレード展開として「1.0T GRスポーツタイプ」「1.0T Gタイプ」「1.2 Gタイプ」の3グレードの存在が明らかになっていますが、2021年4月30日現在、主要諸元や装備内容が公式ウェブサイトに記載されているのは「1.0T GRスポーツタイプ」「1.0T Gタイプ」です。

 ライズ 1.0T GRスポーツタイプは、トヨタがグローバルで展開するモータースポーツブランド「GR」を冠した仕様で、フロント/リアバンパー、サイドスカートが専用のエアロ仕様となり、スポーティな外観を演出。

 シートはファブリックとレザーのコンビシートとなるほか、レザーステアリング、パドルシフトなどが専用装備されます。

 搭載されるエンジンは、1.0T GRスポーツタイプと1.0T Gタイプともに1リッターターボです。

 組み合わされるトランスミッションは、1.0T GRスポーツタイプが全車CVT、1.0T GタイプがCVTと5速MTを選択可能です。

 また、1.0T GRスポーツタイプでは衝突被害軽減ブレーキやブレーキ制御付誤発進抑制機能、アダプティブクルーズコントロールなどをはじめとした予防安全装備も搭載されます(レスオプション仕様もあり)。

 インドネシア仕様のライズの価格は、1.0T Gタイプが2億1990万ルピアから(日本円換算で約166万円から)、1.0T GRスポーツタイプが2億4470万ルピアから(約184万円から)に設定されています。

トヨタ・ライズ のカタログ情報を見る

ダイハツ・ロッキー のカタログ情報を見る

【画像】MT仕様や「GRスポーツ」仕様も存在! インドネシアで発表されたトヨタ「ライズ」を画像で見る(25枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント