メルセデス・ベンツの電気自動車「EQA」日本上陸! 全長4.5mのFF電動コンパクトSUV

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月26日、「EQC」に続く純電気自動車(EV)第2弾となる「EQA」を発表、発売した。

EQA250の車両価格は640万円

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月26日、「EQC」に続く純電気自動車(EV)第2弾となる「EQA」を発表、発売した。

メルセデス・ベンツ新型「EQA」
メルセデス・ベンツ新型「EQA」

 EQAは、2021年1月に世界初公開されたコンパクトSUVタイプの新型モデルで、メルセデス・ベンツのEVシリーズ「メルセデスEQ」モデルでもっともコンパクトなエントリーモデルという立ち位置になる。

 全長4465mm×全幅1835mm×全高1625mm、ホイールベースは2730mmと、サイズ的には日本でも人気のコンパクトSUV「GLA」とほとんど変わらない大きさだ。

 今回登場した「EQA250」は、190ps・370Nmを発生するモーターを搭載、フロントを駆動する。最高速度は160km/h、0-100km/h加速は8.9秒というパフォーマンスを誇る。搭載するリチウムイオンバッテリーは66.5kWhの容量を持ち、航続距離はWLTCモードで422kmだ。

 6.0kWまでの交流普通充電と、100kWまでの直流急速充電(CHAdeMO)に対応している。

 EQAは航続距離を伸ばすために、大型の高電圧バッテリーを採用するだけでなく、効率的な回生制御を採用。回生ブレーキの強度はパドルで5段階の手動設定が可能で、右手側が回生レベルの上昇、左手側が低減のスイッチになっている。完全停止はこれまでと同様のブレーキ操作をおこなう必要がある。

 EQA250の車両価格は640万円。右ハンドルのみの設定だ。

メルセデス・ベンツ新型「EQA」のインパネ
メルセデス・ベンツ新型「EQA」のインパネ

* * *

 初めてEVの保有を検討する人の不安を一掃することができるプログラムも揃えている。

「Mercedes me Charge」は、納車時に車載される専用の充電カードを使用し、全国に約2万1000基ある提携充電ネットワークでEQAが充電可能になるサービスで、充電利用料および月額基本料は1年間無料だ。

 また保険料や税金、メンテナンス費用をまとめて月々定額にできる「メルセデス・スタイル」を用意、さらに新車購入から5年間または10万kmのいずれか早い方まで、一般保証修理/定期メンテナンス/24時間ツーリングサポートが無償で提供される保証プログラム「EQケア」が適用される。高電圧バッテリーは8年または16万km以内で、サービス向上の診断機によりバッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合の保証を付帯する。
 
 さらに6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートも実施される。

 24時間緊急通報サービスなどを最長10年間無償で提供する「安心安全サービス」、スマホからナビの目的地を遠隔設定するSend2Carなどを3年間無償で提供する「快適サービス」のふたつのサービスカテゴリーからなる先進的なテレマティクスサービス「Mercedes me connect」も搭載。オプションのナビゲーション・パッケージプラスを装着すると、さらにMercedes me connectのナビゲーションサービス(天気を地図上に表示)を利用できる。

 安全運転支援システムも充実。高度化されたステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーの働きにより、周囲の交通状況をより的確に把握することができるようになり、機能が大きく改善されている。

【画像】メルセデスの最新EV「EQA」を見る(31枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント