個性的すぎて売れなかった? 記録より記憶に残る珍SUV3選

今なお衰えるどころかますます人気が高まっているのがSUVで、新型車も続々と登場しています。一方で、これまで販売されたSUVのなかには人気とならずに消えていったモデルも数多く存在。そこで、一代限りで消えてしまった個性的なSUVを、3車種ピックアップして紹介します。

個性が強すぎたのか人気とならなかったSUVを振り返る

 2021年4月19日に開幕した「上海モーターショー2021」では、世界中のメーカーから新型SUVのプロトタイプやコンセプトカーが数多く出展されました。

 また、直近では4月22日にホンダ新型「ヴェゼル」が発売されるなど、SUV人気はますます高まっている状況です。

個性的だったもののヒットすることはなかった珍SUVたち
個性的だったもののヒットすることはなかった珍SUVたち

 日本では、本格的なクロカン車が爆発的にヒットした1990年代初頭の「RVブーム」の頃や、トヨタ「RAV4」、ホンダ「CR-V」といった現在のSUVに通じるモデルの登場以降、さまざまなタイプのモデルが販売されました。

 そうしたSUVのなかには、人気とならずに消えていったモデルも数多く存在。そこで、一代限りで消えてしまった個性的なSUVを、3車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「MDX」

巨大なボディは迫力があるものの使い勝手はイマイチだった「MDX」
巨大なボディは迫力があるものの使い勝手はイマイチだった「MDX」

 ホンダは初代CR-Vが日本でヒットしたことを受け、海外でもSUVの販売を開始。2001年には北米のニーズに合った3列シートの大型SUV、アキュラ初代「MDX」を発売しました。

 MDXは北米仕様の「オデッセイ(日本名ラグレイト)」のシャシをベースに開発され、日本では2003年に輸入車として販売。

 外観は動物のサイをモチーフにしたデザインで力強さを表現しており、北米ではミドルサイズSUVとして販売されましたが、ボディサイズは全長4790mm×全幅1955mm×全高1820mmと巨大です。

 搭載されたエンジンは最高出力260馬力の3.5リッターV型6気筒SOHC VTECのみで、トランスミッションは5速ATが組み合わされ、駆動方式はフルタイム式とパートタイム式の両方の長所を併せ持つ、ホンダ独自の4WDシステム「VTM-4」を採用。

 MDXはクルージングに最適な余裕ある走りが特徴のSUVでしたが、さすがにボディが大きすぎて日本の道路事情には合わず、とくに駐車場や市街地ではかなり気を使うサイズだったことから販売は好調とはいえませんでした。

 そのため、2006年に国内販売を終了。北米では引き続き継続して販売され、2020年12月に4代目が発売されました。

ホンダ・MDX の中古車をさがす

●マツダ「CX-7」

クーペSUVの先駆け的存在ながら人気とはならなかった「CX-7」
クーペSUVの先駆け的存在ながら人気とはならなかった「CX-7」

 現在、マツダの主力車種となっているのが「CXシリーズ」で、コンパクトSUVの「CX-3」からフラッグシップで3列シートSUVの「CX-8」まで、あらゆるセグメントのモデルを展開しています。

 このマツダのSUVラインナップには、かつて同社のクロスオーバーSUVの先駆け的存在だった「CX-7」がありました。

 CX-7は2007年に発売され、コンセプトはスポーツカーとSUVを融合させた「スポーツクロスオーバーSUV」です。

 外観は現在のクーペSUVに通じるフォルムをいち早く取り入れ、大きく傾斜させたフロントウインドウと低く構えたキャビンによる、抑揚のある前後フェンダーなどスポーティなデザインを採用。

 搭載されたエンジンは238馬力とパワフルな2.3リッター直列4気筒直噴ターボで、トランスミッションは6速ATのみです。

 もともとは北米市場での販売をメインに開発されたため、ボディサイズは全長4680mm×全幅1870mm×全高1645mmと当時としてはかなりの大柄で、室内も余裕ある空間を実現しています。

 しかし、この大きなボディと比較的高額なクルマだったことから販売は低迷し、国内では2011年に一代限りで生産を終了しました。

 その後、2012年に実質的な後継車として初代「CX-5」が発売されると、一転してヒット作となります。

マツダ・CX-7 の中古車をさがす

【画像】すごく個性的だけど人気はイマイチだったSUVを見る(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

豊田芹香 へ返信する コメントをキャンセル

3件のコメント

  1. ミストラルはテラノに共食いだからね
    でも同じTD27でもテラノより扱いやすく良かった。
    OHVの良さと言うか?このセッティングのTD27がキャラバン、ホーミーだったら良かったと思うよ。
    売れない車に魂は宿るのかもしれないな

  2. 何で海外生産、どころか海外市場向けの車種を取り上げてこの記事にしたのか意味が分からない。
    「個性的」「記録より記憶に残るSUV」(陳腐ではだけど)という表題なら
    いすゞ ビークロスを挙げないのは自動車メディアの記者失格に等しい。
    センスというか知見が決定的に足りていない。

  3. ミストラルって、デザインはアルファロメオ、ネーミングはマセラーティじゃん