BMW新型電動SUV「iX」上海モーターショーで世界初公開!オラ顔EVの市場導入は2021年後半

独BMWは2021年4月19日、中国・上海で開催されている上海モーターショー2021で、電気自動車(EV)新型SUV「iX」を世界初公開した。

前後アクスルに電気モーターを搭載した4WDモデル

 独BMWは2021年4月19日、中国・上海で開催されている上海モーターショー2021で、電気自動車(EV)新型SUV「iX」を世界初公開した。

上海モーターショーで世界初公開されたBMW「iX」の走り
上海モーターショーで世界初公開されたBMW「iX」の走り

 iXは2021年後半に、中国をはじめ欧州など世界の主要な市場に導入される予定のモデルで、最新の電動スポーツアクテビィティビークル(SAV)として開発された。

 市場投入時に登場するのは「iX xDrive 50」および「iX xDrive 40」のふたつのバリエーションだ。

 iX xDrive 50はフロントアクスルとリアアクスルにひとつずつの電気モーターを搭載し、4輪を駆動(e-AWD)する。システム全体で370kW(約500ps)の最高出力を発生、0-100km/h加速は5秒未満というパフォーマンスを誇る。バッテリー容量は100kWhを超え、一充電での走行可能距離はWLTPサイクルで600kmを超えるという。

 BMW iXに搭載された第5世代のBMW eDriveテクノロジーでは、ふたつの電気モーターに加え、ハイボルテージ・ストレージシステムやパワーエレクトロニクス、および充電テクノロジーを統合している。ふたつの強力な電気モーターとe-AWDシステムの組み合わせは効率性を高めるだけでなく、そのパワーをスポーツカーのレベルにまで引き上げている。

 iX xDrive 40もフロントとリアにモーターを搭載するAWDで、最高出力はシステム全体で240kW(約300ps)。0-100km/h加速は6秒未満となる。バッテリー容量は70kWh超で、一充電の走行可能距離は400km超(WLTP値)となる。

 BMWの新しい充電技術により、iX xDrive 50は最大200kW、iX xDrive 40は最大150kWでDC急速充電が可能。わずか10分間の充電時間で、iX xDrive 50は120km以上、iX xDrive 40は90km以上走行できる。またバッテリー残量10%から80%へのチャージは40分以内だという。

 中国、および日本での車両価格はまだ発表されていないが、ドイツでの車両価格はiX xDrive 40が7万7300ユーロ(日本円で約1000万円)、iX xDrive 50が9万8000ユーロ(約1275万円)とすでに発表されている。

上海モーターショーで世界初公開されたBMW「iX」
上海モーターショーで世界初公開されたBMW「iX」

* * *

 BMW iXは、2018年にパリモーターショーで発表された「ビジョン iNEXT」をルーツに持つSUV型EVで、BMW iブランドでは「i3」「i8」「iX3」に続き4車種目のモデルだ。

 外観はクリアなサーフェスとミニマリストなデザインが、強い個性を作り上げている。SUVタイプながら、Cd値は0.25と空力性能にも優れている。

 日本でもすでに2020年12月より、BMWオンラインストアにてプレオーダーが開始されている。日本上陸は2021年秋が予定されている。

【画像】日本でも2021年内に上陸! BMW「iX」をチェック(39枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 問答無用で不細工
    ドマゴイ・ジュケッチはBMWをつぶす気か