メルセデス・ベンツ「EQB」世界初公開! 3列7人乗り電動コンパクトSUV

独メルセデス・ベンツは2021年4月18日、電気自動車(EV)のコンパクトSUV「EQB」を世界初公開、上海国際モーターショー2021にてお披露目した。

コンパクトSUV「GLB」の電気自動車バージョン

 独メルセデス・ベンツは2021年4月18日、電気自動車(EV)のコンパクトSUV「EQB」を世界初公開、上海国際モーターショー2021にてお披露目された。

メルセデス・ベンツ新型「EQB」
メルセデス・ベンツ新型「EQB」

 新型EQBは全長4684mm×全幅1834mm×全高1667mm、ホイールベースは2829mmとコンパクトSUVタイプのEVで、3列シート(中国では標準、欧州ではオプション)を用意し、7人乗りを実現する。全長4634mmの「GLB」と同じホイールベースを持つ。メルセデスEQシリーズでは、EQAに続き2番目のフルEVコンパクトカーになる。

 前面投影面積は2.53平方メートルだが、空気抵抗係数(Cd値)は0.28を達成する。これは完全に閉じることがでいる冷却空気制御システム、効率的なフロントエプロンとリアエプロン、フラットなアンダーボディ、特別にデザインされたエアロホイール、さらにフロントホイールとリアホイールのスポイラーなど、空力を考えたデザインのおかげだ。

 荷室容量は通常時495リッターから最大1710リッター(7シーターの場合465リッターから最大1620リッター)。2列目シートはオプションで140mmの前後スライドが可能だ。また3列目シートは身長165cmまでの人に快適なスペースを提供する。また3列目の乗客もカバーするサイドウインドウエアバッグを標準搭載する。

 上海ショーで初公開されるEQBは、ダイムラー社と中国のパートナーであるBAICグループとの合弁会社である「北京ベンツ汽車有限公司(BBAC)」で生産され、2021年後半に中国市場で発売される予定だ。また欧州バージョンも2021年に発売、さらにアメリカ試乗でも2022年に登場する予定となっている。欧州で発売される新型EQBは、ハンガリーにあるケチケメート工場で生産される初めてのフルEVとなる。

「中国は私たちにとってもっとも重要な乗用車市場であるだけでなく、電気自動車の世界有数の市場でもあります」と、中国市場の責任者であるダイムラーAGの取締役、Hubertus Troska氏はコメントする。「ここ中国で全電気式EQBを世界初公開できることを非常に嬉しく思います。7つのシートを備えた新しいEQBは、非常に家族向けの顧客のニーズを満たします。適切な製品に加えて、当社の現地生産のフットプリントは、中国の持続可能な成長のための決定的な要因のひとつです。だからこそ、北京でフルEVのEQBを製造することを楽しみにしています」

 ダイムラーグループのチーフデザインオフィサーであるゴードン・ワグナー氏はコメントする。「まったく新しいEQBを使用して、ボックス型オフロード車の伝統を継承し、これを未来に変える象徴的な電動SUVを作成しました。重要な箱型のシルエットとブラックパネルのフロントなどの未来的な要素を組み合わせて、車両の並外れた外観を作り出しています」

メルセデス・ベンツ・EQC のカタログ情報を見る

【画像】GLBとどう違う? メルセデス・ベンツのEV「EQB」を画像でチェック(20枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 恐縮ですが、以後このPR情報は不要です。
    高齢となり、車にはもう興味なくなりましたので。