トヨタ「ランクル40系」が1000万円!? 39年落ちとは思えぬ超極上車とは

トヨタの歴史的名車「ランドクルーザー(40系)」は、「ヨンマル」の愛称で親しまれています。近年海外市場でも人気が出ていますが、アメリカで1000万円近い価格で販売されている個体が見つかりました。

約40年前のランクルが1000万円の訳

「ヨンマル」の愛称で親しまれているトヨタの歴史的名車「ランドクルーザー(40系)」。
 
 近年海外市場でも人気が出ていますが、アメリカで1000万円近い価格で販売されている個体が見つかりました。

39年前のランクル(40系)が1000万円!? ほぼ新車のような理由は?
39年前のランクル(40系)が1000万円!? ほぼ新車のような理由は?

トヨタが1936年に初の量産乗用車である「AA型」を発売してから85年。数え切れないほどのクルマが登場しましたが、そのなかでももっとも長い期間同一の車名で販売されているのが「ランドクルーザー」です。

 現在、販売されているのは2007年に登場した200系ですが、2021年には次期型モデルが登場するといわれています。

 ランドクルーザーシリーズは、過酷な環境下にも耐えうるタフネスさが魅力で、世界中で実用的なモデルとしてさまざまな用途で活躍しています。

 70年におよぶ歴史のあるランドクルーザーは、旧モデルも根強い人気があり、なかでも1960年から1984年にかけて販売された「40系」は、近年海外オークションなどでも取り扱われるようになっています。

 ヨンマルの愛称で親しまれている40系ランドクルーザーは、おもに北米市場を意識して開発されたといわれています。

 その一端として、あくまでハードユースを前提としながらも、高速走行や日常使用の快適性にも重点が置かれています。

 40系には、ソフトトップ仕様やハードトップ仕様、ロングホイールベース仕様やピックアップトラック仕様など非常に多くのバリエーションが存在。

 なかでも、ランドクルーザーとして初となるディーゼルエンジン仕様が1974年に追加されたことは、特筆すべき点です。

 元来は特殊用途を想定したモデルであったにもかかわらず、日常的にも快適に利用できるモデルへと性格を変えたという意味で、この40系は長いランドクルーザーの歴史のなかでも非常に重要なモデルといえます。

 40系は、その後登場する「FJクルーザー」のデザインモチーフとなったことからも40系がいかに愛されているかがわかるでしょう。

【画像】これぞ極上ランクル!? 1000万円の実車を見る!(32枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント