レギュラー車「ハイオク」で性能向上は本当? 軽油車の入れ間違いにはご注意!

価格も高く「プレミアムガソリン」とも呼ばれるハイオクですが、レギュラー仕様車に給油すると「パワーが上がる」との噂が見受けられます。その噂の真相はどうなっているのでしょうか。

今は「意味が無い」も、「昔のスポーツカー」なら効果が?

 クルマの燃料は、レギュラー、ハイオク、軽油の3種類が代表的です。
 
 そのうち、軽油はディーゼルエンジン車に使用されますが、レギュラーとハイオクはそれぞれの仕様にあったガソリン車へ給油します。
 
 しかし、ユーザーの間では、レギュラー仕様のクルマでもハイオクを使用したほうがパワーが上がる、との声があるようです。この噂は、本当なのでしょうか。

レギュラ車にハイオクを入れると「パワーアップ」は本当?
レギュラ車にハイオクを入れると「パワーアップ」は本当?

 レギュラーとハイオクは、その「オクタン価」によって分けられています。

 オクタン価とは、異常燃焼の起こしにくさ、簡単にいえば「燃料の燃えにくさ」を示す値です。

 加工前のガソリンは自然発火しやすい特徴があるため、燃料に使用すると「ノッキング現象」という異常燃焼を起こし、エンジントラブルを引き起こす危険があります。

 これを防ぐため、クルマの燃料に使用されるガソリンには添加物が加えられ、異常燃焼を起こしにくい加工が施されています。

 その「燃えにくさ=オクタン価」が、日本工業規格で89以上のものがレギュラー、96以上のものがハイオクとされます。「高い=ハイ・オクタン価」が略されてハイオクと呼ばれ、数値が高いほど異常燃焼を起こしにくくなります。

 では、レギュラー車にハイオクを入れると、どのような影響があるのでしょうか。あるガソリンスタンド店スタッフは次のように話します。

「結論からいえば、意味はないでしょう。

 確かに、ハイオクのほうがノッキングしにくい特徴があるので、『よりエンジン内の圧縮比を高められるのでパワーが上がる』という理論が成り立つように思えます。

 しかし、そもそもレギュラー車とハイオク車では厳密にいうとエンジンの設計が違うので、発揮できるパフォーマンスには制限があります。

 一部のハイオクでは、洗浄剤が配合されている関係上、エンジン内が洗浄されることで、本来の性能に戻る可能性はあるかもしれません。

 そのため、レギュラーとハイオクの価格差分の効果はあるか微妙ですので、燃料代が高くなるというデメリットがあるだけだと思います」

 ほかのガソリンスタンド店スタッフも、レギュラー車にハイオク給油は「意味が無い」と話しており、パワーが上がるというのは都市伝説だったようです。

 では、なぜこんな噂がささやかれているのでしょうか。ある中古車販売店スタッフは次のように話します。

「最近のファミリーカーでは、たしかに何の意味もないでしょう。しかし、ひと昔前のスポーツタイプのクルマであれば、多少の効果はあると思います。

 なぜなら、エンジンは走行を続けていると、燃焼室のあたりにカーボンなどの『燃えかす』が溜まっていきます。

 ハイオクには、それを洗浄してくれる物質が混ぜられているので、この燃えかすを除去する働きがあります。

 そして、この燃えかすは今よりも昔、ファミリーカーよりもスポーツカー、のほうが溜まりやすい傾向にあります。

 なので、そういった限定的な条件にあてはまる人たちの間で『レギュラー車にハイオク給油するといい』という話が広まったのではないでしょうか」

※ ※ ※

 一方で、ハイオク車にレギュラーを入れるとオクタン価の違いにより、ノッキング(異常燃焼)の原因となるうえ、本来の性能が発揮出来ない恐れがあります。 

 最近のクルマであれば、センサーが異常燃焼を検知してコンピュータ制御によりそのリスクは低減されているモデルもありますが、基本的にメーカーがさまざまなテストを経て開発しているため、推奨されたガソリンを入れることがそのクルマの性能をもっとも発揮出来るといえます。

【画像】給油口どっちだっけ? 一発で見分けるポイントを見る!(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

整備士兼ドライバー へ返信する コメントをキャンセル

9件のコメント

  1. まぁ前乗っていた車はハイオクの価格差程度の燃費は良くなったと言う程度。
    意味があるとも、意味がないともいえる微妙な程度の差だったな。

  2. 僕の軽自動車は明らかにノッキングが多くなっていたので、ハイオクを入れて何とか抑えてます

  3. MTBE添加時代のハイオクは明らかにパワーが上がったけどね

    • 軽トラのMTにハイオク入れてます。
      新車1ヶ月はレギュラー入れてたら家の駐車場が坂で泥なので低速でバックするとノッキングし、アクセル入れすぎると土と砂利でタイヤが空回りすることがあったので、ハイオクにかえたら低速でのノッキングがなくなったので。

  4. 今までガソリンを入れてたけどハイオクに変えました。スタートの加速がやたら良くなり伸びもよくなってしまって。新車の時より走る様になってしまい嬉しい限りです。悪い点は飛ばすようになってしまって。悪い点は飛ばすようになったので燃費が少し下がった事

    • それは気のせいです。
      もしくはこれまでハイオク仕様車にレギュラーを入れていたのでしょう。

  5. 少なくともコンピュータセッティング(点火時期など)とプラグを変更したらハイオクを入れる意味はあるけど完全にハイオク仕様車となります。
    普通のレギュラー仕様車はレギュラーガソリンでのセッティングになっているのでレギュラーガソリンで良いです。洗浄成分に期待したいのであれば添加剤を1本試しに入れてみては?洗浄成分が入っているのかわからないハイオクを入れ続けるより安上がりなはずですし効果の有無も判断しやすいはずです。

    それにしても取材先がガソリンスタンドの店員とは…整備士より更に素人方向へ進んでますね。
    個人がなんとなく思い付きで書いているメモですか?
    日本にもガソリン精製している会社があるのだから取材すればいいのに。。

  6. ハイオクは燃えにくいのでリーンバーンエンジンには不利ですね。
    私のはレギュラー指定ですが、
    加速時にチリチリ音がするのでハイオク入れてます。
    今はシェルのVパワーしか清浄剤は添加されてないので、アポロに統一されたらポリエーテルアミンを定期的に投与します。

  7. 今の車でもパワーが出ると感じるのは間違いじゃない
    今のecuは燃費向上の為に軽いノッキングが起きるギリギリを攻めてる。
    だからハイオク入れてあげるとノッキングが起きにくい分レギュラーよりパワーが出る様に感じる。
    ただ、本当はパワーが出るんじゃなくて落ちにくくなるだけ
    ハイオクの値段差分の効果があるのかと問われると微妙。
    ハイオク分高くなっても少しでも気持ち良く走りたい人には良いと思う。