遂に発表された新型はGR!? 現行「86」オーナーが見た新型「GR 86」の印象は

トヨタGAZOOレーシングは2021年4月5日、新型「GR 86」を世界初披露しました。新型GR 86は、いったいどんなモデルに進化したのでしょうか。現行86オーナー目線でチェックしてみました。

トヨタGAZOOレーシングが手掛けるGRモデルへ

 トヨタ GAZOO レーシング(以下、TGR)が2021年4月5日、オンラインで新型「GR 86」を世界初披露しました。新型 GR 86は、どんな進化を果たしたのでしょうか。現行モデルオーナー目線でチェックしました。

トヨタ 新型「GR86」
トヨタ 新型「GR86」

 新型となった86は、GRスープラやGRヤリスに続く、TGRが展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾として登場。この点だけをとっても、トヨタのスポーツカーとしての86に賭ける本気度が伝わってきます。

 まずは、外観の印象から。サイドデザインは現行モデルの面影を感じることができますが、フロントマスクのデザインは一新。長方形に大きくあけられたグリルデザインと、切れ長な形状ではあるものの少しつぶらになったヘッドランプが、なんとなく2020年9月に発表された日産「フェアレディZ プロトタイプ」に通ずるものを感じずにはいられません。

 個人的な好みとして好きか嫌いかと聞かれれば、正直なところあまり好きではありませんが、さまざまな事前情報から、「GR スープラ」のようなフロントマスクを想像していた筆者(くるまのニュース編集部員・S)にとっては、想像よりも好印象でした。

 ボディサイズは全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mm。現行モデルが全長4240mmx全幅1775mmx全高1320mmなので、全長が少長くなっているものの、大きな変更は無し。

 搭載されるエンジンは、軽量コンパクトかつ低重心なエンジンという特長はそのままに、2リッターから2.4リッターへ排気量アップ。動力性能を向上することで、0-100km/h加速性能が従来型の7.4秒から6.3秒に高められたといいます。

 さらに、レスポンスを向上させ、高回転域までストレスなく伸びるフィーリングが実現されました。

 この点については期待大。現行モデルも普段乗っている上で、パワー不足を感じることはほぼありませんが、急な上り坂など、もう少しだけパワーがあればというタイミングが、まったく無い訳ではありません。

 そのため、2.4リッターに排気量がアップされたことで、そのストレスを一切感じなくなることが期待できます。

 一方で、排気量が上がると自動車税も上がってしまうことや、GRモデルとなったことで、車体価格も上がってしまうという心配は否めません。
 
 初代86の「スポーツカーを持つ夢や、走る楽しさをお客様にお届けしたい」というコンセプトが、余裕のある人向けの一般的なスポーツカーに変わってしまっている可能性すら感じてしまいます。
 
 現行86の後継モデルとして考えると、「敷居の低いスポーツカー」からは、少し遠ざかってしまっているし、現行86とは別のGR 86という新たなモデルと考えると、クルマを操る楽しさを存分に感じさせてくれそうな、ワクワク感のあるクルマと、印象は正反対。

 それほど現行の86は、価格と走行性能のバランスが取れたモデルなのです。

※ ※ ※ 

 まだ、スペックとビジュアルが公開されただけなので、比較とまではいきませんが、現在公開されている情報を現行86オーナー目線でチェックしてみると、ホントに86の後継モデルと疑いたくなるポイントが少し多いと感じた今回の発表。

 現行86の上級スポーツカーと考えれば、走りを楽しめるいまより少し背伸びした憧れの存在となるなど、見る立ち位置によって、印象は大きく変わります。

 ここに、価格やさらに詳しいスペックなどが加われば、また新しい価値観が生まれるはず!

 日本での販売が予定されている、2021年秋頃が楽しみです。

トヨタ・86 のカタログ情報を見る

【画像】排気量アップでさらにスポーティ!? トヨタ新型「GR86」を画像で見る(13枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント