爆売れ「N-BOX」が1番売れている地域はどこ? 2021年も王者死守なるか

人気軽自動車といえばホンダ「N-BOX」が挙げられます。2020年時点で軽自動車市場で6年連続、登録車を含めて4年連続で日本で1番売れているクルマとなっていますが、同年12月のマイナーチェンジ後にはユーザーからどのような反響だったのでしょうか。

マイチェン後のN-BOXにどんな反響がある?

 昨今、人気が高い軽自動車市場。なかでも、ホンダ「N-BOX」は2020年でもっとも売れたクルマです。
 
 同年12月24日にマイナーチェンジを実施していますが、ユーザーからはどのような反響なのでしょうか。

マイナーチェンジ後のホンダ「N-BOX」は何が人気なのでしょうか
マイナーチェンジ後のホンダ「N-BOX」は何が人気なのでしょうか

 今回のマイナーチェンジでは、標準仕様とカスタム仕様ともに内外装を刷新。

 さらに、両仕様にて新たに「コーディネートスタイル」という内外装に専用加飾を施したグレードも設定されました。

 安全装備面では、先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」において、後方誤発進抑制機能にも用いるセンサーを4個へ増設。

 後方の障害物の接近を検知し、ドライバーに知らせるパーキングセンサーシステムを追加しています。

 車線維持支援システムなどの各機能においては、高速道路などの高速域(120km/h)まで対応。

 パワートレインでは、ターボエンジンに燃料蒸発量を抑制するジェットパージシステムを採用することで、環境対応が強化されました。

 また、CVT制御が変更されたことでアクセル開度がリニアに反応するほか、状況に応じて適正なエンジンブレーキや快適な加速をおこなうステップダウンシフト制御を採用。細かな部分ではシフトポジション表記が「L」から「S」に変更されています。

 では、マイナーチェンジ後のN-BOXについてユーザーはどのような反響なのでしょうか。

 ホンダによると、人気なグレードは「1位:N-BOX Custom L、2位:N-BOX L
、3位:N-BOX G」だといい、「装備や価格帯でバランスが取れているからではないか」と説明しています。

 また、標準とカスタムの比率では「N-BOX:42%、N-BOX Custom:58%」とカスタムを好むユーザーが上回っているようです。

 パワートレイン比率では、「NA(自然吸気):68%、ターボ32%」となり、ホンダは「街中での使用が多いためか、NA率が高いといえる」といいます。

【画像】何が変わった? N-BOXのオシャレ仕様を見る!(33枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント