今後「軽オープン」どうなる? 「S660」と「コペン」異なる個性と魅力

2021年3月時点で販売されている軽オープンスポーツはホンダ「S660」とダイハツ「コペン」です。しかし、S660に関してホンダは2022年3月をもって生産終了することを発表しましたが、この2台にはどのような違いがあったのでしょうか。

軽オープンスポーツどうなる?

 2021年3月12日に国内の新車市場に大きな衝撃が走りました。それは、ホンダが販売する軽オープンスポーツ「S660」が2022年3月をもって生産終了となるようです。
 
 軽オープンスポーツとしては、ダイハツ「コペン」も販売されていますが、この2台はそれぞれどのような経緯で誕生したのでしょうか。

発売から7年目となる2022年3月で生産終了となるホンダ「S660」
発売から7年目となる2022年3月で生産終了となるホンダ「S660」

 2015年4月に発売されたS660のコンセプトは、「見て楽しい、乗って楽しい、あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂ぶる本格スポーツカー」を追求して開発されました。

 S660は、スポーツカーの醍醐味といえる「曲がる楽しさ」を最大限に体感できるようにミッドシップレイアウトを採用することで、低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現。

 パワートレインは、低回転域から力強く高いアクセルレスポンスを可能とする専用ターボチャージャーを搭載。トランスミッションには、軽自動車として当時初となった新開発6速MTや、7速パドルシフト付CVT(スポーツモード付き)を設定しています。

 しかし、S660は2022年以降の法規対応などへの適合が難しいという判断などから前述のとおり2022年3月をもって生産終了となります。

 S660は、ホンダの開発部門である本田技術研究所の設立50周年の際、社内で実施された商品企画提案で当時20代前半の社員のアイディアから誕生しました。

 S660の企画・開発に関して、初期段階の開発責任者だった本田技術研究所の椋本陵氏は次のように述べています。

「当時の企画コンペでS660の原案が通り、モックアップ制作や試作車を作りました。

 その後、2011年の東京モーターショーに出展したコンセプトモデル『EV-STER』に大きな反響を頂き、発売されました」

※ ※ ※

 2015年の発売当時、エントリーグレード「β」は、198万円(消費税8%込)となり、100万円台の軽オープンスポーツ、そしてホンダ伝統の「Sシリーズ」の復活、「ビート」の再来などということで大きな話題となりました。

 しかし、年々厳しくなるさまざまな法規により、1代限りで姿を消すことになったのです。

【画像】なぜコペンをGT-R風に大改造? 仰天カスタムを見る!(34枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント