トヨタ「ランドクルーザー78」6年ぶり再導入! 日本では70系終売も… 「具体的な要望」受け現地で決定

トヨタの南アフリカ法人はトヨタ「ランドクルーザー78」をアフリカ市場に再導入すると発表しました。同国市場ではおよそ6年ぶりの復活となります。どんな仕様で登場するのでしょうか。

南アフリカ市場で「具体的な要望」を受け再導入が決定

 トヨタの南アフリカ法人は、トヨタ「ランドクルーザー70系」のトゥループキャリア「78シリーズ」(以下、「ランドクルーザー78」)を南アフリカ市場に再導入すると発表しました。2015年8月にラインナップから外れて以来、およそ6年ぶりの再導入となります。

トヨタ「ランドクルーザー70系」の78シリーズ(南アフリカ仕様)
トヨタ「ランドクルーザー70系」の78シリーズ(南アフリカ仕様)

 ランドクルーザー70系は1984年に誕生。

 ランドクルーザーシリーズの名に恥じない高い走破性を誇り、国内市場では2004年7月に販売が終了したものの、海外では需要のある市場で販売を継続。日本でもランドクルーザー70系発売30周年を記念して、2014年8月25日から2015年6月末までの期間限定で再販されました。

 南アフリカ市場において、直近ではランドクルーザー70系としてランドクルーザー76(セミロング)とランドクルーザー79(Wキャブピックアップ)の2タイプを販売。

 一方、直訳で「兵員輸送車」を意味するトゥループキャリアのランドクルーザー78は、オーストラリア市場など販売されている地域もあったものの、南アフリカ市場で2015年のラインナップ整理から販売が終了していました。

 しかし、トヨタの南アフリカ法人がトゥループキャリアに対する市場からの具体的な要望を受けたことで、今回の再導入が決まりました。

 再導入されるランドクルーザー78に搭載されるエンジンは4.2リッター直列6気筒ディーゼルで、最高出力131馬力・最大トルク285Nmを発揮。5速MTが組み合わされ、副変速機付きトランスファーも備わります。

 モノグレード仕様で、ボディカラーは「アイボリーホワイト」と「サンドベージュ」の2色です。

 南アフリカでは受注生産で価格は71万6000ランド、日本円換算で約508万円となります。

トヨタ・ランドクルーザー70 のカタログ情報を見る

【画像】現地では6年ぶり復活! トヨタ「ランドクルーザー70系」の78シリーズを画像で見る(12枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 内装は安くていい。高級求めるならメルセデスや300系買ってください。
    70は実用重視で価格は押えてディーゼルエンジンで!

  2. 書いた人はYahooニュースの方のコメント見てる?
    タイトルが釣りだと思うのが一般的な反応だよ?
    Googleに高いお金払うなら低レベルなアフィカスブログと同じような事してないで中身で勝負したら黙ってても読者付くと思うよ(笑)