ホンダ新型「ヴェゼル」先行受注まもなく? 価格は約200万円台前半で発売前に受注殺到なるか

2021年2月18日にワールドプレミアとなったホンダ新型「ヴェゼル」は同年4月に発売予定です。では、先行受注はいつから開始され、気になる価格帯はどうなっているのでしょうか。

新型ヴェゼルはまもなく先行受注開始?

 ホンダの新型「ヴェゼル」は2021年4月に発売が予定されていますが、先行受注の開始はいつ頃から始まるのでしょうか。

待望の先行受注開始? 関心高まる新型ヴェゼルはいつから商談出来るのか
待望の先行受注開始? 関心高まる新型ヴェゼルはいつから商談出来るのか

 2021年2月18日にワールドプレミアとなった新型ヴェゼル。デザイン性、性能や機能性、居住性などさまざまな部分が大幅に刷新されました。

 デザイン面では、フロント部分がボディとの一体感を高めた同色グリルを採用しています。

 また、サイドから見るとクーペライクなプロポーションを際立たせながらも、全席でクリアな視界を提供する「スリーク&ロングキャビン」を採用するなど、コンパクトSUVながらひとつ上のクラスのような質感を実現しました。

 性能面は、1.5リッターエンジン+CVTを搭載するガソリン車と、モーター走行を中心に3つのドライブモード(EV/ハイブリッド/エンジン)を使い分ける2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したハイブリッド車にそれぞれ2WD/4WDを設定しています。

 機能面では、グレードやオプションなどが異なるものの「パノラマルーフ」や「ワイヤレス充電」、「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」といったものや、空調形状の変更などにより心地よい室内環境を整えるものも新設されました。

 また、ホンダの新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT」の採用により、コネクテッドサービス「Honda Total Care プレミアム」が利用可能です。

 ホンダ初の機能としては、ナビゲーションシステムが新しい地図に自動で更新される「自動地図更新サービス」を搭載。

 そのほか、スマートフォンがキーの代わりになる「Hondaデジタルキー」や車内での楽しさ・快適さが広がる多彩なアプリを提供する「Honda アプリセンター」、車内でデータ通信容量を購入し、インターネットに接続して楽しめる「車内 Wi-Fi」など、ホンダの量販車として初となる機能を多数搭載しています。

 では、新たな要素が詰まった新型ヴェゼルの受注はいつから開始されるのでしょうか。

 首都圏のホンダ販売店では次のように説明しています。

「先行受注に関しては、3月11日以降にオーダーが出来るようになりますが、実車が販売店に届くのが4月中旬の発売のタイミングです。

 先行受注期間は既存のヴェゼルオーナーを中心にオーダーが入ると思っています。

 そのため、全国規模で考えればこの期間に数千台の受注が入ると考えられます」

 また、新型ヴェゼルの価格について、関西圏のホンダ販売店では次のように説明します。

「それぞれベース価格は、ガソリン車が約227万円から、ハイブリッド車は約266万円からとなり、『e:HEV PLaY』は約330万円からとなっています。

 e:HEV PLaY以外は2WD/4WDを選択可能で2WDに比べて約22万円高となり、それぞれのグレードには、ETC2.0やワイヤレス充電関連や、オーディオ系関連などのセットパッケージが選べます。

 納車時期はなんとも言えませんが、先行受注期間の始めにオーダーして5月初旬ではないかと思います。

 ただし、実車を見て検討したい場合には正式発売以降となるため、その分の納期は遅くなるかもしれません」

※ ※ ※

 昨今、話題となっているコンパクトSUV市場。そのなかで、過去4度も販売台数No.1に輝いたヴェゼルですが、フルモデルチェンジを遂げてどのような展開を見せるのか、先行受注期間と正式発表後の初動に関心が集まります。

ホンダ・ヴェゼル のカタログ情報を見る

【画像】実車がカッコイイ! 標準&カスタムを全部見る!(58枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント