10年後主流のクルマはハイブリッド車? 環境とクルマに関するアンケート結果を公開

JAFは2020年12月28日から2021年1月27日の1か月間、JAFウェブサイト内で「環境とクルマに関するアンケート」を実施し、その集計結果を公開しました。

環境・エコを意識している人は約9割

 JAFが同社のウェブサイト内でおこなった、「環境とクルマに関するアンケート」の結果を公開しました。

クルマを購入するイメージ
クルマを購入するイメージ

 2020年12月上旬に、「2030年半ばまでにガソリン車の販売が禁止される」との報道があり、「環境とクルマ」が大きく話題となりました。

 その報道を受けてJAFは、今後の10年で大きく変わっていくであろうクルマ社会を鑑み、「10年後、主流となるタイプの自動車は何だと思いますか? 」、「どういった条件がそろえば買い替えたいと思いますか? 」などについてのアンケート実施。調査期間は2020年12月28日から2021年1月27日の1か月間で、5279件の回答が得られる結果となりました。

「普段の生活において環境やエコを意識していますか? 」という設問では、約9割の人が「はい」と回答し、アンケートに回答した多くの人が環境やエコに配慮していることがわかる結果となりました。

 また、現在クルマを所有しており10年以内に買い替える予定のある人を対象に、10年後に主流になっているであろうクルマのタイプを聞いてみたところ、それを裏付けるように「ハイブリッド車」が41.3%ともっとも多く、次いで「電気自動車」が25.6%、「プラグインハイブリッド車」が20.3%、「燃料電池車」6.7%と続き、化石燃料のみで走行する「ガソリン車(5.9%)」と「ディーゼル車(0.2%)」は、全体の1割にも満たない状況となっています。

 しかし、環境やクルマに対しての意見を聞いてみたところ「電気自動車に関していうと、燃料を燃やしている場所が、車内か発電所か、というだけでどこかで燃やしていることに変わりがない」や「クルマでCO2を出すか発電所でCO2を出すのかの違い」といった、クルマのタイプを変えることによって環境保全につながるのかを疑問に思っている人や、理解は示しつつも「理想は燃料電池自動車なのだろうが、水素ステーションがガソリンスタンド並みの数になるのは今世紀いっぱいかかると思う」や「 電気自動車に興味はありますが、地方だとまだまだ充電のことも外出先でどこでも出来るわけではない」など、設備の不備によって難しいと考える人も多くいるようです。

 その結果、10年以内に買い替える予定のある人に、その購入予定のクルマのタイプを聞いてみたところ、もっとも多いものが「ハイブリッド車」の37.9%で、次いで今後新車販売がなくなるといわれている「ガソリン車」の26.9%でした。

 最後に、「2030年半ばまでに国内で販売する新車からガソリン車の販売をなくす」という国の目標に対してどう思うかという質問には、今回のアンケートに回答した若い年代の人ほど「達成は難しいと思う」、「達成できない」と回答する人の割合が高い結果となりました。

 そのほかにも「とにかく、クルマは楽しく運転したい」や「機能性を追求するだけでなく、見て運転して楽しいクルマが増えるといいと思います」といった、移動手段としてのクルマではなく、運転を楽しむためのクルマ、についての意見も多く寄せられたようです。

【画像】環境・エコを意識したクルマを購入するイメージを画像で見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント