激戦の小型SUV市場でホンダ新型「ヴェゼル」はどう戦う? スバル「XV」との違いとは

2021年2月18日に世界初公開されたホンダ新型「ヴェゼル」が話題となっています。都会派SUVのヴェゼルですが、同じく都会派のスバル「XV」との違いを検証してみます。

都会派SUV「ヴェゼル」vs「XV」

 昨今はSUVがブームとなっており、各メーカーは多くのモデルをラインナップしています。

 とくに全長を4500mm以下に抑えたコンパクトSUVが人気となっており、熾烈なライバル争いを繰り広げている状況です。

左:スバル「XV」/右:ホンダ新型「ヴェゼル」
左:スバル「XV」/右:ホンダ新型「ヴェゼル」

 そんななかホンダは、「ヴェゼル」をフルモデルチェンジして2021年4月に発売することを発表しました。

 都会的な雰囲気とアクティブさを両立した従来型ヴェゼルから一転。新型ヴェゼルは上質感をアップさせたモデルへと刷新されます。

 同じく都会派SUVとしてスバル「XV」がありますが、新型ヴェゼルとXVにはどのような違いがあるのか比較してみます。

 新型ヴェゼルは、「AMP UP YOUR LIFE(アンプ アップ ユア ライフ)」というコンセプトのもと、シンプルでありながらSUVの力強さを兼ね備えたデザインへと変更されます。

 ボディサイズについては明らかになっていないものの、従来型ヴェゼルの全長4330-4340mm×全幅1770-1790mm×全高1605mmと同等だとホンダは説明。

 従来モデルより大型化したように見えるのは、立体感のあるボンネットやシャープなLEDヘッドランプ、ボディ同色のルーバーグリルなど、堂々としたスタイルを採用していることが関係しているようです。

 リアのデザインも一新され、横一文字に光るリアコンビネーションランプを備えるなど、先進的な印象へと生まれ変わりました。

 一方XVは、都会的かつカジュアルな雰囲気とスバルのSUVらしいダイナミックなデザインが特徴です。

 フロントはスバル車の特徴であるヘキサゴングリルや、ボクサーエンジンのピストンをイメージした「コの字」のヘッドライトでアクティブさを表現。

 2020年10月におこなわれた改良では、フロントグリル内部のメッキバーにアクセントが施され、17インチ/18インチアルミホイールに新デザインが採用されました。

 リアは左右に大きく張り出したリヤコンビランプにより、ワイド感とシャープさを強調した軽快かつスポーティなデザインとしています。

 ボディ下部に設けたマットブラックのクラッディングが、XVの力強さをより強調しています。

 XVのボディサイズは、全長4485mm×全幅1800mm×全高1550mmと、全長は新型ヴェゼルのほうが短く設定されていますが全高はXVのほうが低く、高さ制限のある立体駐車場を利用できる高さに抑えています。

※ ※ ※

 内装について、新型ヴェゼルはHMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)に基づき、洗練されたデザインへと進化するとともに、「パノラマルーフ」を採用して前席・後席ともに開放感のある室内を実現しました。

 XVの内装は、広い視界と包まれ感のある運転席が特徴です。ブラックを基調としたインテリアの各所には、グレードによってオレンジまたはブルーのステッチが施されており、XVらしい遊び心を演出しています。

【画像】都会派SUV対決! ホンダ新型「ヴェゼル」とスバル「XV」を見比べる(37枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 「どう戦う」って見出しの意味がわからん。それぞれの比較をしているだけの記事。なぜヴェゼルだけ「どう戦う」みたいないかにも「不利」みたいな見出しをつけるのか。