存在感UP! ホンダ新型クーペSUV「ヴェゼル」初公開! 内外装はどう進化した?

ホンダは2021年2月18日に新型「ヴェゼル」を世界初公開しました。水平基調なデザインで存在感がアップした新型ヴェゼルは、どんなポイントが進化しているのでしょうか。

新開発エアコンは「心地よい風」を提供

 ホンダは2021年4月に発表される新型「ヴェゼル」を同年2月18日に世界初公開しました。全面刷新を受けたヴェゼルは、どのような新型SUVとして登場するのでしょうか。

2021年2月18日に世界初公開されたホンダ新型「ヴェゼル」
2021年2月18日に世界初公開されたホンダ新型「ヴェゼル」

 日々の生活の楽しさを増幅(=AMP UP)させるようなモデルを目指して開発された新型ヴェゼルは、人間のための空間は最大に、機械のための空間は最小限にするというホンダ独自のM・M思想に基づく「センタータンクレイアウト」を先代モデルから踏襲。

 そのうえで取り回しやすいボディサイズと優れた居住性はそのままに、内外装デザインやパワートレイン、装備などがアップデートされたコンパクトSUVとなっています。

 外観デザインは水平基調のデザインと大きく寝かされたCピラーが特徴。リアドアハンドルが隠されたクーペルックなデザインは先代モデルから踏襲されています。

 内装は水平基調なデザインを採用し、シンプルかつ塊感の感じられるインパネとしています。パノラマルーフの採用や、心地よい風を提供する新開発エアコンの採用も新型ヴェゼルの特徴です。

 ハイブリッド仕様に搭載されるハイブリッドシステムは先代の「i-DCD」から改められ2モーターの「e:HEV」を採用。モーター走行を中心としたなめらかな走行感覚を楽しめます。なお、1.5リッターガソリン+CVTのガソリン仕様も設定されます。

 運転支援システム「ホンダセンシング」は、先代モデルのシステムから後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビームが追加されたほか、アダプティブクルーズコントロールが渋滞追従機能付きへと進化。

 またナビゲーションシステムが新しい地図に自動で更新される自動地図更新サービスなどがホンダ車として初めて搭載されます。

 ホンダは今後、新型ヴェゼルが目指した価値観を伝える各種コンテンツを発信していくということです。

 それではここでクイズです。

 ヴェゼルは欧州など海外でも販売されるコンパクトSUVですが、海外名は次のうちどれでしょうか。

【1】CR-X

【2】S-MX

【3】HR-V

【4】CDX

※ ※ ※

 正解は【3】の「HR-V」です。

 すでにホンダの欧州法人は、新型ヴェゼルの欧州仕様にあたる新型HR-Vの存在を明らかにしています。

ホンダ・ヴェゼル のカタログ情報を見る

【画像】8年ぶり全面刷新! ホンダ新型SUV「ヴェゼル」を画像で見る(35枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント