【独自】中国の最高級車「紅旗」日本初上陸! 自動車史に残る動きを独自取材!

中国の第一汽車が展開する高級車ブランド「紅旗」が日本の港に到着しました。以前から2021年2月に日本上陸が予定されていた紅旗の最上級モデル「H9」ですが、日本に導入されるモデルはどのような仕様なのでしょうか。

日本の自動車史上に新たな歴史が加わる? 第一汽車「紅旗・H9」日本上陸へ!

 2021年2月上旬に日本への上陸が予定されていた中国の第一汽車が展開する高級車ブランド「紅旗」が日本の港に到着。
 
 日本で展開される紅旗ブランドの「H9」とは、どのようなモデルなのでしょうか。

中国の高級ブランド「紅旗・H9」が日本に上陸した様子。写真は、最初の3台。
中国の高級ブランド「紅旗・H9」が日本に上陸した様子。写真は、最初の3台。

 今回の発端は、2021年1月下旬に中国の第一汽車が展開する高級車ブランド「紅旗」が日本市場へ進出するという衝撃的な噂がインターネットを駆け巡ったことから始まります。

 元々は中国のSNS「ウェイボー(微博)」上で拡散された3枚の宣伝画像と1枚の価格表(後日ニセモノと判明)で、それらは日本語で「紅旗 H9が2月に上陸する」と記されていました。

 紅旗は、毛沢東によって1953年に設立された中国最初の自動車会社「第一汽車」の高級車ブランドです。

 1958年に第一号車である「CA72」が完成して以来、長年にわたって中国の要人たちに愛されてきたクルマです。

 そのような歴史の深い伝統ある中国の高級車が日本に上陸する噂が本当とすれば、中国の「民族系」自動車メーカーが非EVの乗用車を日本で販売する史上初の例となります。

 独自ルートを駆使してさらに調べてみたところ、3枚の宣伝画像を作成した販売輸入元に運よく接触することに成功。

 今回の経緯を伺っているうちに紅旗の日本上陸は真実だとわかりました。

 拡散された価格表は第一汽車とは無関係の第三者が作成したニセモノでしたが3枚の宣伝画像は日本への輸入を担当するX氏が作成した、紛れもないホンモノだったのです。

 紅旗ブランドが展開するセダンは現在、保守的な見た目を持つ最高級シリーズの「Lシリーズ」と、より現代的でスポーティーな見た目を持つ「Hシリーズ」のふたつに大きく分けられます。

 Lシリーズ」は日本でいうトヨタの「センチュリー」のような存在で、重厚で威厳のある伝統的なデザインが特徴。

 Hシリーズ」は複数のモデルから形成される高級車群となり、従来のガソリンエンジンに加えて、純電動(EV)やプラグインハイブリッド、燃料電池などさまざまな「新能源(日本語で新エネルギーの意味)」車をラインナップしています。

 紅旗のメーカーである第一汽車は2017年に新CEOの徐留平(じょ りゅうへい)董事長を迎えて以来、「新・高尚主義」というプランを打ち出し、ダイナミックで実践的な数々の構造改革を行なってきました。

 伝統と風格のLシリーズに、新能源車も揃える新たな製品群であるHシリーズ。いずれも彼によって切り開かれた新時代を象徴するクルマたちです。

 日本に上陸する紅旗 H9は2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載する「2.0T」と、3リッターV型6気筒スーパーチャージャー付エンジンを搭載する「3.0T」の主にふたつのグレードに分けられます。

 搭載されるトランスミッションは両エンジンともに7速DCTとなっています。

 2.0Tモデルでは、2018年にメルセデス・ベンツ「Sクラス」が初めて搭載した48Vマイルドハイブリッドシステムを全グレード標準搭載。

 2020年8月に中国にて正式発表、同年12月にはUAEへ、2021年1月には韓国市場へ進出しています。

 そしてついに、2021年2月上旬、3台の紅旗H9が日本に到着しました。

 筆者(加藤ヒロト)は日本に降り立ったばかりの紅旗 H9をこの目で見て、回送時に同乗させてもらい、いくつかの新情報を伺うことが出来ました。

【画像】センチュリーやSクラスに並んだ!? 中国高級モデル「H9」の内外装を見る!(78枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事